納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

ohsugi

大杉 大祐[ohsugi]

血液型:O型
趣 味:子供と遊ぶこと。読書。
コメント:私は、元々はお客さんとして納得の門を叩きました。「この住宅会社で家を建てたい!」初めてそう思える会社と出逢いました。数ヵ月後・・・気付いたら、スタッフとして納得住宅で働いていました。誰よりも納得住宅工房に惚れ込んでます。全てに感謝し、日々楽しんでます。

100万円は何処へ  ~続編~

2016.10.10

 

お陰さまで今月も多くのお客様に、納得住宅工房での建築をご決断していただいております。

 

先日ブログでも書きましたが、「ご契約金の行方」の話を良くお客様から聞かれます。

 

住宅会社によっては、「仮契約」や「設計契約」などがありますので一概には言えませんが、

家創りを任せる住宅会社を決定する時点で「契約金」というお金のお支払いが発生します。

もちろんそのお金は、建築費の一部に充てられるわけですが、ここで考えて頂きたいのは

「もしも住宅会社を途中で変えた場合に、このお金は戻ってくるのか?」ということです。

この時点では当然「解約」なんて考えている方はおりませんので、「契約金は戻ってくるのか?」

というところが盲点になります。

 

 

前回ブログに書かせて頂いたお客様から、お礼の電話が来ました。

このお客様は、大手ハウスメーカーと契約をしておりましたが、途中いくつかのトラブルがあり、

住宅会社を変える決断をされました。

契約金としてすでに100万円支払っており、お客様は契約の際に、営業マンからこの100万円は

いかなる理由があっても戻ってこないと聞いていたらしいです。

お客様は、ハウスメーカーとはとにかく解約をしたい。100万円は勉強代だと思って捨ててもいい、

とまで仰っておりました。

しかし、まだ打ち合わせも始まって間もない時期に、100万円を全て没収されてしまうなんて

そんなおかしな話はない。その100万円の使い道だけはしっかり書類で頂きましょう。

そんな話をして、そのお客さまとはやりとりを続けておりました。

 

 

そして、一週間ほど前。お客様から「75万円戻ってきました!」とお礼の電話がありました。

図面作成費用など、実費でかかった分は引かれておりましたが、しっかりと戻ってきました。

私たちの今回の経験が、他のお客様にも役立つようであれば、是非今回の話をお伝えください、

と仰ってくださいましたので、今回75万円が戻ってくるまでの経緯を書きます。

 

 

 

 

1、大手ハウスメーカーと契約。

 

2、間取りを2回ほど書いてもらうが、話の行き違いやトラブルが多く、他社での建築を検討し始める。

 

3、大手ハウスメーカーとの解約を決断するが、なかなか解約させてもらえず。

 

4、「内容証明」を大手ハウスメーカー支店長宛てに郵送。

 

5、100万円のうち、75万円が返金され解約成立。

 

 

 

実は今回のような事例は少なくありません。年間5件ほどはこんな相談を受けます。

ただし、契約時に100万円は返金できませんと言われているので、なかなか内容証明を送ったりせずに

諦めてしまうケースも多いです。

今回の内容証明には、実は「契約金を返金してください」といった文面は載せてありませんでした。

なかなか解約を受け入れてくれなかったことに対して、消費者センターに相談しますよ?といった文面です。

同じようなケースで悩まれている方は、是非相談してください。

 

 

 

 

 

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ