納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

T.Sugimoto

三島店 常務取締役 / リフォーム部

杉本 豪士[T.Sugimoto]

血液型:O型
趣 味:スノーボード・ドライブ
コメント:小さな事から大きな事まで常に気持ちを込めてぶつかります。お客様の夢をカタチにする為に熱くなります。

寒い冬は、ヒートショック対策が必要です。

2017.01.06

新しい年が明けて

しばらく暖かい日が続いていましたが、本来の冬の寒さがやってきます。

私も、年末年始に、御相談を頂くことがいくつかありました。

冬に起きる事故で一番多いのは、特に夜、入浴する際に起きる、ヒートショックが原因で事故が起こることが

実は一番多いのです。

実は、私に関係の深いご近所さんと親戚でヒートショックにより、今週2件の高齢の方がなくなられてしまうという事が起きました。

私も、両方の葬儀に参列することになってしまいました。

このヒートショックを改善するには、やはり、家の中の断熱、暖房対策等の室内環境の修繕が必要不可欠となります。

対策としては、浴室や、脱衣室の暖房装置の設置、また、室内そのものの断熱改修などが主な対策方法となります。

 

浴室や脱衣室は、衣服を脱ぎ一気に寒さが体に伝わり、ここでヒートショックを受ける一番多い場所となります。

ですので、衣類を脱いでも室内が暖かければ、温度差を軽減できますので、ヒートショックを起こしにくくなります。

この場合、浴室には浴室暖房乾燥機を設置したり、または、脱衣室に個別の暖房乾燥機を設置するなどの方法があります。

また、現在設置されているシステムバスの中には、浴室と脱衣室の2室を両方暖房を送ることができるものもあります。

これらの暖房装置は、入浴する前に事前に温めておけば、入浴する時間には、室内全体が温まっているという状況に

することが出来ます。

家の中でも、寒いと感じる方も多いと思います。

特に、御家族にご高齢の方がいらっしゃる場合は、このように暖房装置を設置することをご検討されたほうが良いと思います。

家の中全体の断熱効果、冷暖房効率を改善させていくには、やはり、断熱改修やサッシ改修が最も有効です。しかし、ご予算的に

難しいけど、しかし入浴する際の寒さを何とかしたいという事なら、暖房装置をつけた方法ならば、コスト的にも低価格で設置できます。

勿論、今お使いになられている浴室が暖房装置が設置可能かどうかを調べる必要がありますが、健康にも深く影響することでもあります

から、入浴時の寒さが気になる場合、是非一度、御相談ください。

より良い方法をご提案させていただきます。

 

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ