納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

ohsugi

大杉 大祐[ohsugi]

血液型:O型
趣 味:子供と遊ぶこと。読書。
コメント:私は、元々はお客さんとして納得の門を叩きました。「この住宅会社で家を建てたい!」初めてそう思える会社と出逢いました。数ヵ月後・・・気付いたら、スタッフとして納得住宅で働いていました。誰よりも納得住宅工房に惚れ込んでます。全てに感謝し、日々楽しんでます。

懐かしいようでそうでもない。

2017.12.30

 

12/30 15:40今年最後の打ち合わせを終えて、一人静岡店におります。

いきなり事務所のドアが開いて、入ってきた人間がいます。

 

 

浜松店の現場監督、岡谷。実家の静岡市に帰省したついでに静岡店に寄ってくれたようで、

私が今年最後に挨拶をしたスタッフは、普段あまり見ることのない岡谷になりそうです笑

 

 

 

タツの納得ラストイヤー。彼は地元に戻りました。後を任せられたジュンペイ、スズケンは

どんな想いで意思を引き継いだのか・・・彼らの活躍楽しみです。

 

 

 

志村ブログにもありますが、私も1年を振り返ろうと思います。

今年の1月、この作品のお引渡しから始まりました。

富士宮市小泉の2世帯住宅。私が静岡店勤務の間に、小泉が納得タウンになっていたようです・・・。

人気エリア小泉でも代表作と呼べる拘りの作品。

「沈まぬタイタニック号」と題した作品は、豪華客船の内装デザインを取り込み、特に2階の

子世帯は徹底的にやり切りました。

キッチン前面壁のフレディ貼りは、今でもお問い合わせを頂くほどです。

 

↓これです

 

 

 

 

水廻りにも勿論、拘りました。

床とタイル壁と、薩摩霧島(火山灰)壁、グレー建具のバランス。かっこいいです。

  

 

 

 

流行り色カーキーとブラックのツートンカラーの外観は、お施主様が絶対にやりたかったデザイン。

出来上がった瞬間の、お施主様のドヤ顔が堪らなかったです笑

 

 

 

こんなドレッサーを作りたい方も多いのではないでしょうか?

納得住宅工房のスタッフはお客様の夢や要望を、全てかなえたいと考えております。

今までにないような依頼も是非お申し付けください。

 

 

 

 

ちょうど1年くらい前のこの作品。懐かしいようでそうでもない。

アフターメンテナンスや、雑誌の取材、プライベートで遊びに行かせてもらったりと、

なんだかんだで繋がらせて頂いております。こんな関係素敵ですね。

 

 

 

 

I様ご家族様との出会いに感謝です。

 

 

 

 

ん・・・こんな感じで書いていったら終わらないよね。かなりのボリュームまだまだあるし・・・

しかも17:00から忘年会。俺幹事・・・。

続きは明日書きます。では、皆様良い年末をお過ごしください。

お時間ある方、明日もブログ書きますので、良かったら見て下さい。では。

 

 

 

 

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ