納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

ikeda

富士店 コンシェルジュ

池田 絵理子[ikeda]

血液型:O型
趣 味:映画鑑賞・ものづくり・ピアノ・お絵かき・旅行・スノボー
コメント:お客様の笑顔が見たい、ありきたりな言葉ですが、いつもそれに向かって本気です。 激熱です!一緒に家創りを楽しみましょう♪

「卵」と「玉子」

2015.04.08

みなさんこんばんは

 

富士店コンシェルジュ 感動屋のえりきゃんです

 

「卵」と「玉子」の違い、ご存知ですか?

 

前者は主に生の状態のタマゴ

後者はゆでた状態のタマゴのことを言うそうです。

 

とするならば

 

「卵かけごはん」は「玉子かけごはん」ではないわけで、

「ゆで玉子」も「ゆで卵」とは表記しないわけですね。

 

確かに!!しっくり!

 

似たような意味だし、どっちでもいいんじゃないと思いますが

表記が違う以上

「卵」と「玉子」、そこにはその言葉が存在する理由があるわけですね。

 

 

今日はお家を建てたいなと検討されている方へ。

 

 

 

考えてみるとだいたいの物事には理由があるんです。

 

色々な会社があって、

もうどこの会社にしていいか分からなくなっている方もいるかもしれませんが

正直、

どこを選んだとしても「家」は建つわけです。

 

 

でもどこでもいいわけじゃないからみんな悩む。

どこが気になって悩むんでしょう?

 

値段?ブランド?素材?デザイン?工法?営業マン?

 

たぶん全部です。

家づくりは結婚と同じとよくいいますが、

ほんとに結婚と同じだと思います。

全部欲しいに決まっているけれど、

その中で同じ価値観、一緒にいてもいいかなと思える相手をみんな探しているんです。

 

全部比較してみたいけれど、かなりの数ある建築会社すべてを見て回ることは

かなりの気合と根気がいることです。

それをやってのけたお客様も私は知っていますが、

普通はなかなか出来ないことです。

(そういうお客様に選んで頂いていることはもうほんとに嬉しいことです。)

 

その中で、

ぴったりの相手を見つける人もいるでしょうし、

あとから「こんな素敵な人がいたんだ」と思う人もいます。

「思ってた人と違った!」こういう人もいるでしょう。これはなんだかさみしいですね。

 

家づくりは一生に一回の人がほとんどです。

ものすごい金額、ものすごい覚悟でお家を建てようかと思うわけです。

 

思ってたのと違った、

 

これだけは避けたい。

だからみんな悩むんです。

 

でもどこの会社もみんな良いことしかいいません。

みんな良い人に見えます。

 

じゃあどうやって決めればいいの?

 

一つの方法として、

 

そこの会社が使っている素材

家づくりのスタンス

力強く推していること、

そういうところに着目してみることです。

 

なぜかというと、

その会社がそういうところを大事にしているかが

そういうところに現れるからです。

なぜその選択をするのか

そこに理由があるからです。

 

納得住宅工房という会社があるのはどういった理由でしょうか

それは各スタッフのブログから、

じっくり知っていただければと思うのですが

 

少しだけお話します。

 

納得が自然素材にこだわる理由。

ビニールクロスやフローリングがまだまだ一般的なのにも関わらず

どうしてわざわざ無垢の床材、漆喰の壁を使うのか。

 

逆に大多数が使わないことの理由をあげるならばきっと、

 

扱いにくい。

コストがかかる

業者さんの技術が如実に現れる

自然のものだからこそクレームの可能性がある

 

こんなところでしょうか。

でもよくよく考えてみればこれって

「一体誰にとって」でしょうか?

 

無垢の床材はものすごく気持ちがいいです。

その足ざわり、ぬくもり、味わい深さは本物にしかだせません。

空間の深みもです。

本当の木だから、色味の若干違う無垢材を、

一枚一枚色味をあわせて張り合わせていきます。

漆喰も左官屋さんが時間をかけて全部の壁を塗っていきます。

そこにかかる時間。

それが、納得の工期が長いことの一つの理由です。

漆喰は、空気中の雑菌を殺してくれるだけでなく、

空気中の水分が足りないときにははきだして、多いときには吸ってくれる優れもので、

結露やカビを防ぎます。

静電気もおこらないので、ほこりが空気中に舞うということが少ない。

いつもいつも空気が綺麗な状態を保ってくれるかなりすごいものなんです。

加湿器?除湿機?

そんなものに頼らなくても、自然の力はものすごいんです。

 

何十年とそこに住むことを考えたら、一番良い素材に囲まれて暮らした方がいいに決まっている。

 

納得はデザインや間取りにもかなりのこだわりがありますが、

自然素材へのこだわりが一番強いのかもしれません。

 

「家は一回売ってしまえばおしまい」

 

もしそう考えるところなら、

できるだけ安い価格で、無難な仕上がりになるものを選ぶかもしれません。

あとからお客様にどれだけランニングコストがかかるのか

そこを考えていれば使わないだろうという素材を使っているところもあります。

だから余計、扱いにくい上に高い無垢材なんて選択しない。

補修の可能性があるとまたそこに手間がかかるから、漆喰は選択しない。

たくさんたくさん家を売りたいなら、良い職人さんがじっくり時間をかけて壁を塗るとこより

ぱぱっとビニールクロスで仕上げた方が、コストが断然安くおさまります。

 

それでもいいです。

それも一つ、需要のある一つの家づくりのスタイルです。

 

でも家って売っておしまいのものじゃないと思うんです。

お客さんも「家は買うもの」と思っているかもしれませんが

家はつくるものです。

一人ひとりの生活スタイルも、価値観もちがうのに、

同じ家、同じ規格のお家というのはちょっと不思議です。

いつもみんなで一緒にいたい家族もいれば、

適度なプライベートを守りたい家族もいます。

一歩間違うと、家族がバラバラになる怖さだって、間取りにはあるんです。

 

納得は家を建てた後もずっとそのお付き合いしていく家づくりです。

見ているものは、「すんでからのお客様の生活の景色」です。

そのスタンスが合うのか合わないのか、

人によって感じ方は違うかもしれませんが、

少なくとも売って終わり、その後のお客様の生活は関係ありませんのスタンスではないからこそ、

自然素材を選んでいます。

 

素材一つとっても色々な理由があります。

色んな「どうして?」を持って会社を見るといいかもしれません。

そうすると自分達と同じ価値観の会社が見つかるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ