納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58


社会貢献への取り組み

納得住宅工房では、1企業の果たすべき役割として、住まいを通してだけでなく、様々な面で社会のお役に立てるよう取り組んでいます。

2017年1月 平成28年度チャリティーイベントの結果報告をいたします。

<平成28年度チャリティーイベント結果報告>

ご協力頂いた皆様のお陰で、今年も福祉施設で生活する子どもたちと引率職員の方を含む86名をテーマパークにご招待させていただくことができました。
毎年のお力添え、心から感謝します。

子どもたちは、テーマパークへのお出かけをを待ちわびていたようで「どんなルートで回ろうか」「お昼は何食べようか」など、事前にいろいろと計画を立てていたそうです。
当日の天気は 快晴!とまでは晴れずに、あいにくの曇り空でした。その日の夜から雪が降る予報だった東京は、冷たい風が吹き、とても寒かったです。
けれどもそのおかげで来園者が少なく、思う存分アトラクションを満喫することができました。

帰りのバスに乗り込むときの「楽しんできたよ!」と言う表情を見たときに、同行した弊社の若手スタッフたちはこの企画の中で一番達成感を感じたそうです。

実は、当日スタッフたちには引率だけでなく、“子どもたち全員にお土産を購入し、帰りのバスでサプライズプレゼントをする”というミッションがありました。
すると、1人の男の子から、逆にお礼のサプライズプレゼントをもらってしまったのだそうです。逆サプライズをされたスタッフは、嬉しすぎて、驚いて、リアクションもできず、何も言葉が出なかったそうです。

今回の旅行も怪我や紛失物も無く本当に良かったです。
ご協力くださった皆様の力が無くてはできなかったことです。
ここまで助けていただいた皆様、本当にありがとうございました。
また来年も、子どもたちの笑顔の為にお力添えいただけましたら嬉しいです。

日程:2016年11月23日(日)
児童人数:56人
高校生以上+職員人数:30人
欠席:15名

■ 募金総額:¥1,969,117-

2016年5月 皆様からお預かりした熊本地震への義援金を熊本市役所へ送金いたしました。

<熊本地震募金について>

皆様からお預かりした熊本地震への義援金を熊本市役所へ送金させていただきました。

送金金額  169,091円

多くの皆様から、暖かいお気持ちをお寄せいただきありがとうございます。

被災された皆さまにおかれましては、心よりお見舞い申し上げますと共に皆さまの安全と、被災地の一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。

この度の熊本県を中心とした地震により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

納得住宅工房では、店舗ショールーム・見学会等に募金箱を設置させていただき、
被災された方々を支援する為に義援金の募集を実施しております。
皆さまからの義援金は、被災された方への義援金として熊本県義援金受入口座へ送金を致します。

募金にご協力いただきました皆様誠にありがとうございます。

また今後も引き続き募金活動を継続し、持続的な支援を行ってまいります。

被災地が一日も早く復旧し、被災された方々の生活に平静が戻りますことをお祈り申し上げます。

<募金箱設置場所> 

・納得住宅工房 富士店・静岡店・浜松店・三島店・見学会会場

2015年12月 夢の国ツアーに関する収支報告をいたします。

先日開催されました、夢の国ツアーに関する収支報告をさせて頂きます。

◆ 収支報告

【収入】 募金総額 1,620,924円

【支出】 支出総額 1,332,744円

【残金】       288,180円

今回の残金ですが、ひまわり園の子供たちの勉強に必要な備品などの購入費用等に充てて頂けるよう寄付をさせていただきました。

12月25日の朝、ささやかなクリスマスプレゼントとともにひまわり園の園長先生にお渡しいたしました。

皆様のご支援によって、夢の国ツアー、更には寄付までさせて頂くことができましたことに心より感謝申し上げます。

来年以降も継続してこの運動を続けてまいりたいと思います。
今後も皆様のご支援、ご協力のほど宜しくお願いいたいます。

2015年11月 「夢の国ツアー」開催いたしました。

富士市内の児童養護施設で過ごす子供たちを夢の国に招待するイベント「夢の国ツアー」が11月23日(月)に開催されました。

予報では午後より雨ということで心配をしておりましたが、なんとか帰路に就くまで持ちこたえてくれ、同行された先生方からも夢の国を十分に満喫できたとのご報告を頂きました。

また、バスから降りてくる子どもたちの表情には若干の疲れも見えましたが、私達出迎えのスタッフに「とても楽しかったです」と話しかけてくる子もいて、このツアーが成功裏に終えたことを実感致しました。

これもひとえにご協賛下さいました皆様のおかげと深く感謝いたしております。
 
また来年も子供たちにこの「夢の国ツアー」をプレゼント致したいと考えております。
引き続き皆様からのご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

この度は誠に有難うございました。

納得住宅工房㈱ スタッフ一同

2014年11月 「夢の国ツアー」募金へのご協力ありがとうございました。

支援活動:児童養護施設お子様を夢の国ツアーへ募金
ご協力ありがとうございました!!

ご協力いただいた方々へ
児童養護施設、副園長様からより

毎年毎年、多大なるご支援をいただきましてお礼のしようもありません。
同行してくださったり、お見送りやお出迎えまでしていただき、本当に子どもたちを大切に思ってくださるそのお姿に私たちも見習うべき事がたくさんあると感じています。
社長様はじめ社員の皆様、御支援くださった皆様に心より御礼申し上げます。
皆様に何もお返しもできず申し訳なく思っています。
子どもたちには、応援してくださった皆様への感謝と、その想いを今度は
自分たちが誰かにつなげていけるようになって欲しいと願っています。
お時間があれば、また子どもたちの顔を見に来てあげてください。
皆様にもどうかよろしくお伝えくださいますようお願い申し上げます。

ありがとうございました。

2014年11月

朝6時

児童養護施設のお子様達を連れ、夢の国へのツアーへのバスが出発しました。

朝早く冷え込む空気の中…この日を待ちわび、期待に胸躍らせてバスに乗り込む子供たちの姿に、改めて身の引き締まる想いになったスタートでした。

ひまわり園様の児童たちの笑顔が見れたこと、
帰り際に「楽しかった!」と言ってもらえたこと、嬉しそうにパレードの話をしていたこと。
朝早くから元気いっぱいの子供達、帰りのバスの中も思い出話でいっぱいでした。

その全てが我々引率含め、納得スタッフ一同にとっての財産になりました。
別れ際に『納得に入る!』 と言っている子までいたのにはとても驚いたと同時に、そんな想いまで持ってくれていると思うと、感動しました。
「子供たちに何かしてあげたい。」「大好きな富士に、静岡に恩返しがしたい」
誠に勝手ながら、そんな思いで始めたのがこの企画です。
そのつもりで始めたのに、ふと気がつくと子供たちから元気をもらっているという状況になっていました。
我々も子供たちに負けないくらい、元気いっぱいに毎日を謳歌しなければ!と強く思わせて頂きました。
今回大成功で終われましたのも、多くの皆様の温かい御協賛…御気持ちによる事です。

弊社の支援活動に共感下さり、ご協力頂き心より感謝申し上げます。

2013年11月30日に施設で生活する児童をテーマパークにご招待します。

私たちが日頃お会いするご家族は、お互いを思いやり、大切に思いあうご家族ばかりです。
また、私達スタッフ自身にも、形態は様々ですが大切に思いあう家族がいます。

そんな環境が生まれてから当たり前に与えられない子供たちもいます。

『生まれてすぐに預けられて、親や家庭の存在を知らないまま大人になる子供達』

私たちが彼らに出来ることには限りがあります。
けれど、私たちが動くことで彼らに1%の希望でも1日の楽しい思い出でも与えられることができるのならば何もしないより遥かに良いことだと考えました。
具体的な取り組みとしましては、秋に約90名の子供たちをテーマパークにご招待したいと思っています。
長い年月のうち、たった1日の出来事かもしれませんが、それでも、その日一日笑顔で楽しい思い出になるのならやはり何もしないより良いことだと思うのです。
もし、ご賛同いただける方がいらっしゃいましたらスタッフまでお声掛けください。

2013年7月25日に施設で生活する児童に扇風機を寄贈いたしました。

納得住宅工房は地域の皆様に支えられ、来年には創業15周年を迎えます。
地域の皆様に何か恩返しがしたいと思い、このたび富士市内の児童施設への支援活動を行うことにしました。
今回は、富士市内にある社会福祉法人芙蓉会内の児童養護施設ひまわり園に扇風機を6台寄贈いたしました。
児童の皆様、職員の皆様が少しでも快適に過ごせれば嬉しく思います。

2006年8月31日 『国境無き医師団』への支援活動を始めました。

この度、納得住宅工房㈱は世界の恵まれない方達へ、些細ですが援助活動に2006年9月より参加する事に決めました。

色々な選択肢がある中、紛争や国の情勢などで、満足な医療すら与えられていない方々へ向けて活動をしている『国境無き医師団』への支援活動を選択しました。

私共、一企業に出来る範囲は限られていますが、その援助活動に依って一人でも 尊い命を助けることが出来れば、私共が常に考えている
人間とは… 家族とは… そしてその暮らしを守る家創りとは… との問いに対し答えが見出せるように思えます。 先ず、原則として命は平等です。 人生も平等です。 ですが、様々な事情により、平等になっていない現実があります。 私達は支援を通じ、皆様と『命』に対し 真摯に考えて行きたいと思います。

納得住宅工房(株) 代表取締役 久保 淳

国境無き医師団とは

世界の国境なき医師団(MSF)日本は1992年に設立されました。19ヵ国にある支 部のひとつとして1997年には独立組織となり、1999年10月に東京都から特定非営利活動法人として認められ、さらに2002年7月25日には認定特定非営利活動法人 (認定NPO法人)として国税庁の認定を受けることとなりました。
MSF日本は、日本国内での医師団参加者の募集、広報活動、現地医療プログラム への資金援助を行っています。これまで武力紛争地域、難民キャンプ、開発途上 地域などに多くの日本人が派遣されました。また、世界各地で起こっている悲惨 な状況や危機に瀕した人々の現状、そしてMSFの活動状況を広く伝えていく広報活動は、少しでも状況を改善できるよう、世論に訴えることを目的としています。
さらに、この広報活動を通じてMSFの活動への賛同を募り、必要な援助を行 うための資金を集めています。

2005年10月23日 新潟県中越地震にボランティア参加しました。

新潟中越自身は私共の運命共同体である『夢ハウス』の仲間も沢山おられる地域でした。 幸い、私共の仲間の建築はまったく被害には遭いませんでしたが、沢山の方々が被害に遭われたことには変わりありません。
今回は当社『納得住宅工房』と業者会『納得会』そしてお客様の『オーナーズ倶楽部』合同でボランティアに参加しました。 困ったときこそ皆で助け合わなければなりません。 このような活動を今後も取り組んで行きたいと思います

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ