nattoku住宅 nattoku住宅

nattoku住宅 アイコン 画像

STAFF BLOG

スタッフブログ

2023.09.02

家創りの秋

代表取締役社長

久保 淳

長い事住宅業界にいると、事実の報道と、一枚咬んでる報道に気付きます。

マスメディアの罠とかではありません。

先に一言伝えます。

 

今回のブログ、内容やばいです。

 

では早速読んでください。

家を考え出したお客様がオンライン、雑誌、新聞などで手に入る情報は特に新聞などは、家を建てるお客様向けに記事を書いている訳では無く定量を相場などで正確に出しますので、外国資本、投資家が隙あらばと買い占めているお陰で高騰している都内タワマンが、凄く人気な物だと読み込んでしまいます。

実際、売れているはずのタワマンに行くと、住んでいる人少なかったり外国企業のレンタル物件だったり、「あれ?幸せそうなパワーカップルは、何処に居るの?」と目を疑ってしまいます。

先ず普通の方は住んでません。

投資物件として高騰化している事実を新聞は伝えているだけなので、現実とギャップを感じます。

経営者を長くやり様々な業種の経営者や士業の方を見ていると、家族が居るのだから警備が無いときついんだろうな?と感じてしまうビジネスをされている方が、東京は多いです。

自分の判断一つで事業が終わったり、資金を集めてたのに事業停止をしてしまったり、勿論人の命を預かる方。

弁護士の方。そう言えば情報を盗んで売る商売の方。ブローカーの方。

普段見る事が出来ない動物園の様な場所。

何回も視察に行ってますが、毎回驚いて帰ります。

安全な日本にも、あんなカオスな場所があるんですね。

都内高級タワマン。

もし仕事をしてて危険を感じる様な方が居たら、自分で警備員を雇うのはコスパが悪いので、タワマンが良いと思います。

冗談みたいな本当の話で警備員つけないと、危険なんだろうな。

って仕事されている方って結構います。

私共静岡住宅会社、特に弊社はお客様と笑いあう事だけを目的としてるので、会う機会が少ないのです。

時事ネタですが、今 地面師から旨い話と、いつも声が震えている自称投資家の方から、しつこい話とか、事故物件だけど弊社に売りたくて、みんなで隠しながら寄ってくる話とか、毎日来ます。

僕も電話出なければいいのですが、何故か間違えて出てしまいます。何故かコロナ過から、そんな話が急に多くなりました。

皆様も、そんな経験ありませんか?

普通の笑顔溢れる仕事をされている方は狙われる事無いでしょうから、管理費も別途駐車場代もかからない戸建て住宅がベストです。

住宅ローン完済しても、永遠に管理費と別途駐車場代払うのは、年金暮らしになるときついと思います。

 

新聞報道だと住宅は売れてないとか言いますが、首都圏分譲住宅在庫過多だけの話であって、地域注文住宅は蚊帳の外だったりします。色々変動が多い首都圏住宅って大変ですね。

私共が事業を行っている静岡県と埼玉県が、人気が高まってます。

 

特に今は富士市が人気と人口が上がってきました。

ずっと住宅創り、経営を最前線で行ってきた久保と、中々聞けない本当の話など、時間を頂いて録音とかしないで頂ければ喜んで行いますので、こちらにお問い合わせください。 

 

『実体験として語る都内タワマン住民 やばい人だらけ実名公開。』こんな企画やったら受けそうですね。

『本当のロングライフと終着地点を考えた絶対に自信を持てる話。』

『住宅紛争に於ける、いつも黒幕の人公開』など全国ビルダー様、一般のお客様、そして本当の悪い人達を一堂にしてセミナーを、またやりたくなりました。

いつの時代にも住宅業界に一部、本当に悪い方が湧いてきます。

しゃべり方で分かります。初対面なのに上から物を言うのが特徴です。

 

10年以上前ですかね。超大手新聞社企画で超大物ハウスメーカー創業者VS久保と言う対談がありました。

企画した人も、悪いですよね。

10年以上前って、そんな企画が多い時期でした。

朝まで生テレビとかありましたよね。

僕も、戦う若手住宅会社経営者で凄くバズってました。

ビックサイトの動員記録が2位だったり、ある電力会社で公演させて頂いたり、今思うと何故そこまで戦っていたのか自分でも分かりません。

都心の新聞社の大会議場で数百人のお客様に囲まれて対決企画やりましたが、今考えると悪徳ハウスメーカー創業者と言えども私の発言は無礼でした。

その方、その後大変な苦労をされてましたが人としては素晴らしい方でした。

でないとあそこまで大きくなれません。おそらく取り巻きとか、野心溢れた方が居たのでしょうね。

私は、それだけ日本の住宅を良質にしてプレハブ潰したかったんでしょうね。

 

対談は荒れ、休憩時間に暴力沙汰があり、記事になったら色々な方面(お客様以外)から圧力がかかりました。

今思い出すだけでも、とにかく愉快な講演会でした。楽しかった。

お客様からは支持を得ました。

今考えてみたら住宅イノベーション時代のブッチャーみたいなキャラだったのか?

その後、偉大な大手ハウスメーカー創業者の方と別のお仕事をする機会があり丁寧に謝罪しました。

 

今多いのは売れているけど、かなり内部はやばい会社と財務がマジでやばい会社などが目立っております。

僕のブログでも、よくここ触れられるなぁと書いてて思いましたが、まぁ9月に入りました。大丈夫でしょう。

 

さて富士市厚原の感動の名作 期間限定完成見学会が、いよいよ迫りました。

私は、この一週間で二階見に行きましたが、レベル高すぎです。

新しいデザイン定義が生まれます。

静岡県内の債務超過の住宅会社が真似したら、一気に倒産…だからそう言う事を書いちゃ駄目だって。

 

このままだと入場制限がかかると思います。

オーナー様は弊社社員なのですが、引っ越し決まっているので今回が最初で最後のチャンスです。

早速こちらをクリックしてください。