納得住宅工房 納得住宅工房

MENU

無料相談会毎日更新中! ご予約はこちら
イベント情報 見学会情報 ショールーム
モデルハウス
資料請求
STAFF BLOG

スタッフブログ

2016.05.05

『年代別 持家・借家どちらが多い?』

プロダクト本部 本部長/浜松店 コンシェルジュ

中野 昭博

ブログをご覧の皆様、こんにちは!こんばんは!
納得のカ『お祭りコンシェルジュ』中野です。

GW中に実家に帰省し、ご両親にそろそろ家をたてようかと思って。
なんてお話している方も少なくないはず。

価値観の変化や近所付き合いのわずらわしさ、防犯、転勤などの問題から必ずしも最優先されるとは言い難くなったものの、
今でも多くの世帯にとって自前の「持ち家」を有することは夢だと思います。
一方で、金銭的な問題、管理のし易さなどを優先し、借家住まいを好む人も少なくない。
総務省統計局が2015年に発表した、世帯主の世代別区分を中心に、持ち家率の動向をお教え致します。

◆まずは全体的な「持ち家」と「借家」の割合。
持家6 対賃 賃貸 3.5 _
1970年後半から、今まで変わりなく推移しております。

◆年代別では??
20代前半 3.4%
20代後半 11.3%

30代前半 28.3%
30代後半 46.0% ← ここでグッと上がってきます。
_
40代前半 55.8%
40代後半 62.6%_

20代は1割前後ではございますが、超低金利の最近では20代で建築される方も多くなっております。
早くローンを組み老後の安心を話す20代の方も少なくありません。

30代に入ると急激に持ち家率が増加しておりますね。お客様の中でも多い年齢層です。
家賃を年単位で計算すると結構な費用がかかっております。自己資金がそんなに無くても、融資が組みやすい状況が現在あります。
早い内にローン組んでしまった方が、良いなんて話もお客様の方からお話があったりします。

40代後半までに6割強に達している。30代以降住宅取得が急激に高まり、取得していくようすがうかがえますね。

一方60代前半では、約8割の方が持家。つまり家計主が定年退職時期においては5人に4人の世帯で持ち家を保有していることになります。
定年後のセカンドライフを新居でなんて方も、少なくありません。

今後この数字が推移していくか分かりませんが、持家の割合が高いですね。

私どもの親の世代は住宅ローンが、7%、8%の時代にこれだけの持ち家率なんです。
歳をとれば何が安心か?が分かる?のかな。定年後の事もしっかり考えないとですよね。

皆様はいかがですか?
色々と住まいづくりを考えられたきっかけがあるかと思います。
お話お聞かせ下さい。

静岡店でお待ちしております。

 

何でもご相談ください。

中野アドレス nakano@nattoku.jp

 

プロダクト本部 本部長/浜松店 コンシェルジュ

A.Nakano 中野 昭博

  • Hobby

    音楽全般、ライヴ鑑賞、映画鑑賞、星屑集め
  • Message

    お客様の住まい創りの夢に携れる、喜びと責務を感じて邁進して参ります! 嘘・駆け引きは一切致しません。 向き合ってお話し致しましょう!
このスタッフの記事を見る
  • Hobby

    音楽全般、ライヴ鑑賞、映画鑑賞、星屑集め
  • Message

    お客様の住まい創りの夢に携れる、喜びと責務を感じて邁進して参ります! 嘘・駆け引きは一切致しません。 向き合ってお話し致しましょう!
このスタッフの記事を見る