納得住宅工房 納得住宅工房

MENU

無料相談会毎日更新中! ご予約はこちら
イベント情報 見学会情報 ショールーム
モデルハウス
資料請求
STAFF BLOG

スタッフブログ

2018.11.01

棟梁

ディレクション本部 本部長/西部現場監督

加藤 永浩

皆さん、こんばんは。

 

早速ですが、新築の家創りにどのくらいの職人さん、業者さんが携わるのかご存知でしょうか?

更地の場合、地盤調査から始まり、基礎工事、木工事、電気、水道、外壁、塗装、防水・・・

およそ30社ほどの方々のお力添えで工事は完成まで進んでいきます。

 

その中でも一番長い時間に現場に入っていただくのは、もちろん大工さん。

上棟の時は、仲間の大工さんに集まっていただき、6人から8人程度で上棟の作業を行います。

その中で、その作品の木工事を担当する大工さんを棟梁と呼びます。

 

棟梁(とうりょう)は、組織仕事を束ねる、中心人物である。

(むね)と(はり)という、建物において重要な構造を譬えに用いた言葉。昔は、武士僧侶の社会の筆頭格を指すことが多かった(例:将軍職源氏の棟梁である)。現代社会では大工石工の元締めや現場監督現場代理人などを指すことが多く尊称として扱われる。単なる土木工事現場の現場監督などが棟梁と言われることはない。親方と類義語であるが、大工・石工以外の親方を棟梁と呼ぶことは少ない。

 

なんか、かっこいいですね!

納得では、素敵でかっこいい棟梁しかおりません。

 

ここ最近の、上棟開始時の写真です。

センターに写っているのが、各作品の棟梁です。

 

棟梁の仕事ぶり、見たくないですか?

興味をお持ちの方。いつでも現場案内させていただきます!

ディレクション本部 本部長/西部現場監督

T.Kato 加藤 永浩

  • Hobby

    釣り
  • Message

    熱く楽しく家創りをしましょう。精一杯お手伝いさせていただきます。
このスタッフの記事を見る
  • Hobby

    釣り
  • Message

    熱く楽しく家創りをしましょう。精一杯お手伝いさせていただきます。
このスタッフの記事を見る