お問い合わせ・資料請求は、フォームもしくはお電話<富士店:0545-57-7109 静岡店:054-344-7109 浜松市:053-471-7109>でお気軽にどうぞ
納得住宅工房TV
久保社長ブログ
スタッフブログ
バックナンバー
納得住宅工房メールマガジン登録

読者設定の管理は プロフィールページで行うことができます。.

納得オーナーズ倶楽部 ヴィヴァーチェVIVACE RISTORANTE PortaRossa 納得住宅工房はチーム・マイナス6パーセントに参加しています。
お土産

皆さんコンバンハ。

パッションコンシェルジュ杉山です。

 

昨日、一昨日と浜松店では完成見学会を開催しておりました。

寒い中、大勢のお客様観に来ていただきました、本当にありがとうございました!

 

冬場の真っ盛りですから仕方ありませんが、お客様をお待ちしている時は外の受付で待機しておりますと本当に寒くて寒くて…耐えられなくなると家の中に入ったりして暖をとっておりました。

冬場の寒い中ですからお客様を暖かくして温かくお迎えしておりましたので、ガスファンヒーター1台稼働していましたが、それほど温度設定を高くしていないにもかかわらず、効きが良すぎて今度は暑くなってしまうという状態でした。

寒くなると家の中に入り、暑くなると外に出るということを繰り返しておりました。それだけ納得住宅工房の家の性能が高いことが分かります。

また自分の会社の家のことを持ち上げて…と思われるかもしれませんが事実なんです!(´艸`*)

 

最終的には見学会が終わって片付け、撤収を行なっているうちに体が冷え切ってしまったのですが…

そのせいで会社に戻るころには冷えの影響で腹痛が起きてしまいました。

 

お腹がいたい…

 

と家に帰ると今日留守の間に東京にいる旧友が訪ねてきていたらしく、お土産を頂いておりました。

冷蔵庫を開けて箱を見てみると…

 

 

なんとピエールエルメの文字が…!!

これはもしや!と中を開けると

 

 

 

ワタシの大好きなイスパハンが入っておりました!

前職で単身東京にいたときは、たまに自分のご褒美として三越まで買いに行き、一人で購入して一人で食っておりました。(笑)

 

このケーキ、大好きなんですが物凄く高いんです!

写真では分からないのでご説明しますが、大きさはだいたい直径が6㎝ほど、厚さが上に乗っているラズベリーまで含めて同じく6㎝くらい。

ハッキリ言って小さいです。それが1個972円もするんです!

浜松にいたら考えられない値段(笑)

 

だからご褒美でたまにしか食べられませんでした。

 

浜松に戻ってからは全く口にしていませんでしたから土産をくれた友人には大感謝です!

 

上機嫌でいつのまにか腹痛もひいておりました。!(^^)!

 

 

ワタシはラーメン以外にも食べる事が基本的に大好きなので、スイーツも好きなんです。東京でおすすめのスイーツとかでしたら色々と教えて差し上げる事ができます。

興味がある方はパッションコンシェルジュの杉山まで。

 

 

石鹸づくり、体験してみませんか?

皆さんコンバンハ。

パッションコンシェルジュ杉山です。

 

只今、納得住宅工房浜松店では昨日あげたブログのとおり、完成見学会を浜松市中区西伊場町にある鴨江小学校にて完成見学会を開催しております。

本日もたくさん方にご来場いただきました!

明日も引き続き元気に開催しておりますので

納得の家づくりに興味がある方はお越しください!遠慮は無用です!(笑)

 

 

そして来週の木曜日24日は浜松ギャラリーにて

「納得カフェ」

を1日限りで行ないます。

 

 

お時間は10時からおよそ1時間半の所要時間となりましてお昼前には終わります。

美味しいお茶とお菓子を頂きながら、自然素材を使ったナチュラルな手ごね石鹸を皆さんで作ります!

国際アロマセラピストの先生をお招きしてのハンドメイドの石鹸づくり、きっと楽しいひと時を過ごすことができますよ。

 

残念ながら5名様限定となっておりますので、興味がおありでしたら是非ご予約してお越しください!

小さいお子様がいても大丈夫! 浜松ギャラリーのスタッフがお子様しっかりみておりますので安心して参加することができます。

 

一人じゃちょっと行きづらい…とお考えの方はお友達を誘って是非ご参加下さい。

ご予約・お問い合わせは納得住宅工房浜松ギャラリーにて。

お待ちしております<(_ _)> 

2019年 第2弾!

皆さんコンバンハ。

パッションコンシェルジュ杉山です。

 

先週に引き続いて今週も納得住宅工房浜松店では完成見学会を開催致します!

明日から2日間、西伊場町の鴨江小学校の正門の真ん前にその作品は鎮座しております!

先週の袋井の家はまばゆい白く輝くお家でしたが今週は少し大人の雰囲気が漂うムードのあるお家に仕上がっております。

そして今回の見どころは玄関からドアを開けるとまず飛び込んでくるのがオシャレなキッチンのあるダイニングその向こうは勾配天井のあるリビング、そしてさらに向こうには落ち着いた趣のある和室がありそれが一直線に続いていて奥行きがあって重厚感のある佇まいになっております。

 

 

 

和室の障子が閉まっていて奥の和室が見えておりません…(^^;

 

 

こちらは反対側からみたLDK(^^)

 

しかし今回ご紹介するのはここまでにして続きは見学会に来てからのお楽しみという事で、実際に見に来てください。

 

ご夫婦の寝室には別室に書斎を設け、さらにその奥には蔵がありこちらも必見です!

 

今回は先週のように完全予約制ではありませんので、皆さん遠慮なくドシドシお越しください!

 

納得スタッフが温かくお迎えいたします。

家の中も暖かです!

 

キッチン?
ブログを見ていただきありがとうございます。

浜松店コンシェルジュ 天野です。

 

納得住宅工房のキッチンと聞くと

どんなキッチンを想像しますか?

 

私は浜松店ギャラリーにある

オリジナルキッチンレガーロを思い浮かべます!

納得住宅工房ではキッチンもオリジナルで

提供しています!

浜松店ギャラリーのキッチンを見て

オリジナルキッチンの色を赤色で選ばれた方も

少なくないです。

 

今度の見学会もキッチンが主役になっています!

 

タイトルが

「インダストリアルキッチン」

インダストリアルデザインとキッチンを合わせて表現しています。

※インダストリアルデザインとは、「工業製品のデザイン」と

 しての応用美術である。

 「工業デザイン」または「工業意匠」とも呼ばれる。

 産業・工業において美しさやユーザビリティの追求をし、

 その結果として製品の商品性を高めることが目的であり、

 美それ自体が目的である美術・芸術品とは区別される。

 

キッチンが主役の見学会へ是非お越しください。

1/19(土)20(日)ビンテージとモダンを楽しむ「インダストリアルキッチン」完成見学会開催

 

浜松店コンシェルジュ

天野 久

hisashi@nattoku.jp

今年も、張り切って楽しく仕事を。

新年を迎えて、早くも10日が過ぎていきます。

今年も、元気で楽しく仕事もプライベートも張り切っていきます。

健康管理も仕事の内とか言いますが、元気な笑顔でお客様に

接していないと、素晴らしい出会いはにめぐり合わないと思います。

縁があって、納得住宅工房のお客様に、少しでもお役に立てることを

地道にやっていきます。  よろしくお願いします。

 

無垢材と集成材 その2

皆さまコンニチハ。

パッションコンシェルジュ杉山です。

 

木材についてのお話の続きをしたいと思います。

 

集成材が「心配」とか「危険」というお話をさせていただきました。未知なる領域が存在するとも言いました。

ワタシが懸念しているのはこういう事です。

 

 

集成材は丸太をスライスさせたものを接着剤で貼り合わせた人工木材です。加工がしやすく無垢材にありがちな曲がりや反りなど変形が起こりにくいという事で多くの住宅会社が採用しております。強度も高いという事なのでその点だけを考えれば集成材を使うこと自体が悪いとは思いません。ですがワタシが問題視しているのは、貼り合わせに使用した接着剤がどのくらいの期間もつのか明確に分かっていないという点です。構造体で無垢材を使うにしても集成材を使うにしても、完成後には柱は基本的に外壁と内壁に覆われて見えなくなります。そして、もし何らかの要因で接着剤自体に悪い影響を及ぼし、それにより貼り合わせていた集成材が剥離を起こしていたとしたらどうでしょうか?「壁の中で何かが起こっているかもしれない」と常に心配しなければなりません。集成材の歴史はまだ浅く、無垢材を昔から使ってきた歴史と比較すれば、集成材の安全性に確信を得られるのはまだまだ時間が必要かと思います。

 

集成材自体を悪く言うつもりはありません。実際に集成材を使った建築物で50年以上経っても剥離していない建築例もあります。しかし確証を得られるまでには至らないと思っております。それから板と板を張り合わせる接着剤ですが、以前はシックハウス症候群を引き起こす原因となるホルムアルデヒドなどの化学物質が多く含まれていて、それが原因で2003年7月以降建築基準法が改正され24時間換気システムが全建物義務付けられた背景があります。これは集成材に限ったことではなく合板のフローリングなどいわゆる「新建材」と呼ばれるものすべてにあてはまります。ただ、最近ではシックハウスや環境の問題から低ホルムアルデヒドのF☆☆☆☆建材を使用している会社が大半を占めるようになりましたが、これも「ゼロホルム」ではありません。ホルムアルデヒドは水蒸気と反応し揮発するので仮に低濃度だったとしても長期間影響を及ぼすのです。そしてワタシが調べてみたところ、F☆☆☆☆建材を全て使用したのに、最終的なホルムアルデヒドの濃度が、基準値を超えていたというケースもあるようです。

 

 

 

そこが、集成材(新建材)の見えない部分で未知なる領域なのです。

 

そういった懸念がすべて払拭されるのであれば、集成材を使う事に何の疑いもありません。

 

 

ですが、やはり自然素材である無垢の木を使うことにより最初からそういった心配をすることなく、快適に暮らせたほうが良いと思いませんか?

安全で快適な住まいづくりをするなら、最初からF☆☆☆☆建材を使う必要はないのです。人間がはるか昔から共存してきた自然。その自然素材を使う事が一番です。

 

 

 

 

しかし自然素材も扱い方を誤ったらせっかく良いものであってもダメにしてしまいます。木は呼吸が出来なければ死んでしまいます。そして調湿作用はあっても極度の湿気には弱いものです。したがって通気の取れない家でしかも結露を起こすような家づくりであっては、たとえ無垢材を使ったとしても結果的に家の寿命は永くは持たないでしょう。

 

納得住宅工房の家づくりは単に自然素材を扱っているという軽薄なものではありません。その自然素材の扱い方を考え、丈夫で長持ち、そして安全で快適な家づくりを念頭においております。それは納得の家づくりの構造を見ていただければ分かります。外壁から内壁まで、一貫して調湿・通気のとれる仕組みになっております。

 

大手メーカーの手掛ける高額な住宅、ローコストで建てられる注文住宅、どちらにしても多額のお金を投じて家づくりをする事に変わりはありません。

どのみち高い買い物をするのであるなら、丈夫で長持ちして安全で快適に暮らすことのできる家づくりをしませんか?

 

 

そんな家づくりをしている納得住宅工房浜松店では1月12日・13日に完成見学会を袋井市上山梨にて開催致します。

今回の見学会は完全予約制となっておりますのでご希望の方は事前にご予約をお忘れなきようお願い致します。

納得住宅工房浜松店スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

無垢材と集成材 その1

パッションコンシェルジュ杉山です。

 

今回は今更ながら家の構造に使う木材のお話。

木材には大きく分けて2つあります。それは木の種類などではなく、「無垢材」か「集成材」の2種類という事です。

ですから住宅業界では「無垢材」を扱う住宅会社と「集成材」を扱う住宅会社に分かれます。

そしてその2大派閥の間で無垢材と集成材の議論が繰り広げられているわけですが、

無垢材と集成材のどちらが優れているか?なんて正直どうでもよい話だと思っております。

 

納得住宅工房は自然素材をふんだんに扱う会社なので無垢材を使用しております。

なぜ、無垢材を使うのか?

無垢材も集成材もそれなりに強度はあると私は思っております。ですから強度において議論をするつもりはありませんが、しかし

 

「集成材は無垢材の1.5倍の強度があります」

集成材を扱う住宅会社の営業マンさんは口を揃えてみなこう言うと思います。

ここで誤った認識をもっていただいては困るのですが、彼らが言う無垢材とはいわゆる「生木」の状態のものを言っております。

生木とは伐採直後のもので乾燥を掛けていない状態の木をいいます。

木材というのは、乾燥させて使うというのが昔からの大工さんの習慣で、至極当然の事ですから生木の木材を使うということは致しません。

これは先人達の知恵というか、恐らく人間もはじめは生木の状態で組み上げて家を造っていたと思うんですね。しかし、強度が不足して倒壊したり柱が曲がったり反ったりしてうまくいかずに失敗ばかりする。そういった失敗を繰り返していくうちに木は乾燥させてから使わなくてはいけないという知識が培われたと思うんです。

 

 

 

 

ですから当然ながら、乾燥させた木材は生木の状態のそれよりも強度が増しているはずです。

そして乾燥させた無垢の木材は生木の状態のそれと比べて強度が2倍以上にもなると言われ、1.5倍といわれる集成材の比ではありません。

比べるなら生木の状態の木材ではなく、しっかりと乾燥させて含水率(木の中に含まれる水分の割合)が低くなった木材と比べていただきたいと思います。

 

強度が同じと言うなら、集成材も無垢材もどちらでも良いと思います。

…がしかし!

何故、納得住宅工房が無垢材に拘るのか?そして集成材は使えないのか?

勿論自然素材であるという事が前提なのですが、自然素材には自然素材の特長と集成材のデメリットが存在するからです。

 

 

無垢の木は伐採されて乾燥や加工されたあとも生き続けます。凄い生命力です。

そして木はたとえ木材であっても呼吸できる環境にあるのなら末永く生き続けます。よくたとえ話で出るのですが、法隆寺の柱のように1000年以上も生き続け建物を支え続けます。

そして、木にとって天敵でもあるシロアリやその他虫に食べられ難くする為の成分を含んでいます。自然の防衛本能が働いています。ヒバやヒノキなどに防虫効果が高いのはその為です。

 

 

一方集成材ですが、集成材の悪口を言うために書き連ねるのではない事を前提とさせていただきますが、集成材が悪いというよりも「心配」というか「危険」というか未知なる領域が存在するからなんです。

一遍にまとめてしまうと恐らくすごく長くなると思いますので、この続きは次回に書こうと思います。

今回はここまでにします。

 

2019年 第1弾!

新年明けましておめでとうございます!

 

(こちらはイタリア語です)

 

このブログを見てくださっている皆さんに、皆さんが昨年よりも良い一年になりますことをお祈りいたします!

昨年以上に情熱を燃やして邁進していこうと思っております、パッションコンシェルジュ杉山です。

 

年も変わって気持ちも新たに、納得住宅工房は「一棟入魂!」皆さんのお住まいづくりに命を吹き込むつもりでこれからも皆さんのライフスタイルをコーディネートしていきます。

 

そして、昨年末にも投稿しましたが・・・

新春第1弾の完成見学会を1月12日・13日に開催致します!

 

 

ただ、今回の完成見学会ですが、チラシにも記載されている通り「完全予約制」となっております。

たまたま近くに来て寄りたくなった、という状況でもHPや電話で連絡をいただければ対応は可能ですので、お越しになる事前に連絡を必ず入れてくださいね。

 

今のこの時期、納得の家がいかに「暖かい」のかを体感することができます!

是非、納得の家の「暖かさ」を体感しに来てください。我々納得のスタッフもみな「温かく」皆さんをお迎えいたします!

 

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

新木場と豊洲

こんにちは

炎のコンシェルジュ 山元です。

何年ぶりかに、全く携帯やパソコン持たずに年を越しました。

神奈川県藤沢市に年老いた母が一人でいるので実家に帰省してきました。

海に近い、これまた小さな小さな実家。藤沢市に居た頃はそんなに気に
ならなかったけど、とにかく道も狭く、土地もみんなそんなに大きくな
い場所にギリギリ家が建っている・・・。

そう考えると、伸び伸び家を自由に建てられる静岡県は、超注文住宅を
思いっきり生かせる地域なんだと、あらためて実感。

でも狭小地でのプランニングも、めちゃくちゃ興味ありますが。

帰省前に東京へ足を伸ばし、今は賑わってる豊洲や築地のもう少し先の
『新木場】へ行って来ました。

いわば昔は豊洲のように木の街だった『木場』が大移転した埋立地。

築地⇒豊洲

木場⇒新木場

同じ構図でした。

私がトラックの運転手をしていた時代、浜松から毎晩材木を真夜中に誰
もいないこの街で荷卸ししていた場所。区画整理された街が全て木材問
屋や材木市場でした。鮮魚のセリのように材木もセリの様子が良く見ら
れました。そんな時代です。

今は材木問屋もほとんど無く、流通の拠点となっていました・・。

ディズニーランドが隣なのでトラックに自転車積んで自転車で合間見て
ディズニーランド行った事もありました。

日本の高度成長期を支えてきた材木問屋さんたちが居てくれたから今が
あります。

しかし、今は浜松の材木屋さんも相当減りました。

そんな原点に帰る正月。
私が木造住宅に詳しく、構造に興味あるのは材木と毎日向き合ってきた
材木輸送に携わってきたからという事もあります。

まだまだ、昔の名残のトラックたちが材木を乗せて走っていると、トラック
好きなお施主様が納得には多く、こんな写真を送ってくれます!

今年は完全にリセットさせていただけるゆとりの環境に心から感謝します。

1年に1回のリセットです。今年は炎の動画やブログ沢山配信します。

みんなが家で楽しめる家づくりをしてもらいたいから・・。 
(元さん☆掛川日記より)

yamamoto@nattoku.jp

コンシェルジュ 山元

新年一発目!

みなさんコンニチハ。 パッションコンシェルジュ杉山です。

 

クリスマスも終わってしまいました。 後は年越しを待つだけとなりましたが、皆さんにとって今年一年はどういう一年でしたか?

残念ですが、私にとって今年一年は良い年ではありませんでした。

でも悲観的にならずに前を向いて進むのみです!

 

新年は納得住宅工房1月5日から全店営業開始致します。

そして納得住宅工房浜松店では新年一発目の完成見学会

袋井市上山梨にて1月12日・13日に開催致します!

今回のお家も納得住宅工房ならではのとても素敵なお家。

納得住宅工房の作品に「平凡」なものはございません。

どれも非常に見応えのある作品に仕上がります。

 

 

まずこの美しい外観を見てください!ギリシャのミコノス島やサントリーニ島などエーゲ海沿岸地域に建ち並ぶ家々のようなまばゆい白さ!この写真のように澄んだ青い空には綺麗によく映える事でしょう!

 

 

そしてこの写真の一番手前の外壁の向こうは何があるのか?

開放感タップリなのに外壁に囲まれてプライバシーをしっかりと確保しているパティオがあるのです!

パティオには納得ならではのあのモノが備わっているのです。

何か気になる方は当日完成見学会までお越しください。

 

但し、今回の見学会はお施主様のご意向により、「完全予約制」となっておりますので、ご希望の方はHPからもしくは納得住宅工房浜松店までご連絡ください。

完全予約制ではありますが、お客様のご都合にあわせてご希望の日時を指定して頂ければ結構です。

 

ご予約をお待ちしております。<(_ _)>

 

 

店舗ショールームのご紹介

[建設業] 静岡県知事(般-27)第30817号  [建築士事務所] 静岡県知事登録(4)第6997号
[住宅性能保証協会] 21003789  [宅地建物取引業] 静岡(4)第11653号

営業エリア
東部 : 富士市、富士宮市、沼津市、三島市、御殿場市、裾野市、清水町、小山町、長泉町、函南町、伊豆の国市、伊豆市一部
中部 : 静岡市、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、牧之原市、川根本町
西部 : 浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市、森町

納得住宅工房は自然素材の注文住宅の工務店。静岡・富士で実績の安心工務店。

[本社]  〒416-0952 静岡県富士市青葉町572  TEL:0545-65-7109(受付時間:9:00~20:00)  FAX:0545-65-7133
[静岡店]  〒424-0884 静岡県静岡市清水区草薙一里山5-9  TEL:054-344-7109(受付時間:9:00~20:00)  FAX:054-344-7113
[浜松店]  〒433-8122  静岡県浜松市中区上島6-2-31  TEL:053-471-7109(受付時間:9:00~20:00)  FAX:053-471-7113
[三島店]  〒411-0907 静岡県駿東郡清水町伏見798-1  TEL:055-973-7109(受付時間:9:00~20:00)  FAX:055-973-7115
小冊子プレゼント