お問い合わせ・資料請求は、フォームもしくはお電話<富士店:0545-57-7109 静岡店:054-344-7109 浜松市:053-471-7109>でお気軽にどうぞ
納得住宅工房TV
久保社長ブログ
スタッフブログ
バックナンバー
納得住宅工房メールマガジン登録

読者設定の管理は プロフィールページで行うことができます。.

納得オーナーズ倶楽部 ヴィヴァーチェVIVACE RISTORANTE PortaRossa 納得住宅工房はチーム・マイナス6パーセントに参加しています。
土地が物語る、家造り。

建物を建てる上で、土地は重要なファクターです。

今回、ちょうどいい例が、まさに目で見て確認できるの建物が、富士と三島で見学会を同時開催中です。

今回は2件とも私の担当物件です。

 

A)

・南側道路

・前面に開放的に開かれた家。

・明るいオフホワイトの外観

 

B)

・北側道路

・前面には玄関だけ。閉ざされた家。

・シックな単色の塗り壁の家。ビビットなアクセント色

 

全く異なる家ですが、坪数もほぼ同じ。土地の形状もほぼ同じ。

この2件の家がどうして出来上がったか?

 

一番は土地道路の向きがあると思います。

その土地と道路の位置、この違いで大きくすでに変わってきます。

そこからすると土地を選ぶ上で接道位置というのは一つの大きなポイントかもしれません。

 

同じ形状の、同じサイズの土地に、同じボリュームの建物を建てる際に

ここまで両極端な家が同時に見られることは貴重な機会だと思います。

 

どちらの家のファミリーも本当に満足してくださっております。

 

これだけ違う家造りですが。一つ共通点があります。

いずれの家も外に開かれているということです。

そこにはデッキのアウトドアリビングに繋がっています。

 

我々ARKデザインワークスでは住空間外部の繋がりは非常に重要なものと考えております。

外とつながる。

そのつながり方は様々です。

今回のどちらの家も外に開かれていることは間違いありません。

その開き方が違うだけで、これだけの違いが出るんですね。

ADSC00225 IMG_0268

B14141850_902775653186744_7158391674092158834_n 14225633_902775629853413_8751972966602074627_n

 

是非、富士と三島をハシゴしてその違いを楽しんでください。

 

セニョール 渡辺

 

余白

家のスペースはそれぞれの役割があります。

キッチンで言えば食事を調理すること。

寝室でいえば就寝をするスペース。

とそれぞれに役割があるの御普通です。

その役割の決められている空間どうしは

廊下や階段といったスペースで繋がりができてきます。

ただこの通過するしか役割がないと思ってい余白のスペースが

リビングや子供部屋などのスペースに成り替わることもあります。

 

既成概念にとらわれない発想で考えていくと

いろいろな発想が生まれてきます。

 

現在建築中のこの家もそんな中のいい例だと思います。

 

1階から1階に通過するしか用途のない階段というスペースを

最大限にまた既成概念にとらわれない発想で

リビングの1部に組み込まれています。

 

つい先日現場でのお客様との立ち合い確認の際に

気が付くと静かにあたかもそこがリビングの一部であるかのように

お勉強をしていたJ君。

 

早くもそこでの家族の暮らしを垣間見た気がしてちょっとうれしくなりました。

一抹の不安もありましたが、家族の暮らしのあり方って

様々であってもいいし、スペースの使い方も

もっともっと柔軟に考えてもいいなとつくづく思いました。

 

 

 

ふと思うこと。

ゴールデンウィークもそろそろ始まっているんでしょうか?

今日は少し車がい多かったように感じます。

この週末は富士では完成見学会を開催させていただき、たくさんのお客様にお越しいただけました。

多くのお客様に体感していただけたと思います。

実物を体感していただけるのがやっぱり一番いいと思います。

今週はイタリア研修よりスタッフが帰国し、その報告を色々聞かせてもらい見せてもらうと

改めて遠くイタリアから、例えばレーベルのドアやカーサバスの洗面化粧台などが遠くの地で

職人さんが想いをこめてひとつずつ造ったものが、日本の静岡の地に建つ1件1件にその魂が吹き込まれているんだと思うと

スゴイ事をやっているなと自画自賛、自社自賛しちゃいました。

当たり前に建っているその1件1件が、まさに奇跡であるということ、

その片鱗が見られた見学会ではないでしょうか。

これからも続々と誕生していく納得住宅の家にこうご期待です!!

ゴールデンウィークはウチでBBQしたいなぁーー。なんてふと思いました。

お出かけもいいけどやっぱり我が家が一番。  って多分、全てのオーナー様が思っています。

ですよね。

 

セニョール ナベ

メンテナンス

今年に入って、人生初のメガネを作りました。

日々酷使している目ですが、視力には自信がありました。

両目とも視力は1.5で目だけはよかったはずが・・・・。

小さい字が読みづらくなってきたんです。

巷で言う老眼というやつです。

さすがに材料の品番を間違えると大変なことになりますので

メガネを作りました。

なんかインテリに見えるかもしれませんが、メガネのせいですね。

我が家は朝ごはんはパン食ですが、ブルーベリージャムの大きいやつを買ってきました。

たまに買うヨーグルトもブルーベリー味。

少しは効果があるのか・・・。

人の体も、家もそうですが、ずっと変わらないなんてことはないですね。

体も家もしっかりと手をかけてメンテナンスしていかないと。

使い続けるためには必要ですね。

家も大事にお手入れしてくことで、愛着も湧きますし、長持ちもします。

漆喰の壁などは自分でも簡単に補修もできます。

クロスの壁ではそうはいきませんね。

最初は上手くいかないかもしれませんが、これがだんだん上手になってきます。

左官コテなんか使うことはなかったですが、漆喰補修用にマイ左官コテも我が家にはあります。

納得住宅のオーナーさんの家には、当たり前にありますね。

そういったお手入れをすることでいつまでも愛着をもって住み続けることができるんだと思います。

フリーメンテナンスなんてありえません。

どうしても自分では難しいという時はこちらで解決できます。

 

私も自分の体に置き換えてしっかりとメンテナンスしていきたいと思います。

 

セニョール ナベ

 

 

行かなきゃ!!

今日はどこ行く?
そうです選挙ですよね。
そのあとは??

もちろん、納得住宅工房の見学会ですね。

寒い中ですがスタッフがみなさんをお待ちしております。

私は打ち合わせですが・・・・・。

東部のみなさんはこちらへ

中部のみなさんはこちら!!

お時間があれば2箇所はしごもぜひ!!

 

早いもので今年も残すところわずかですね。

 

今年はなんといっても[アナと雪の女王]こちらが大ヒットしました。

個人的には松たか子のバージョンが好きです。

家族と寒い冬には、暖かいリビングで、DVD鑑賞もいいですね。

家づくり真っ最中のご家屋の皆さん、是非リビングでみんなで楽しんでいる姿を想像してみてください。

家族で過ごす何気ないシーンが、かけがえのないものですね。

 

子供の成長は早いものです。

そんな時間を早く実現していただきたい。

理想としている家づくりは、色々な形があると思います。

早くその家づくりを始めて、大切な時間を過ごしていただきたい。

打ち合わせでお待ちしています。

 

見学会が少しでもヒントになればと思います。

 

見学会は色々な家づくりの形の一部だと思ってください。

 

家族の思いは様々です。

 

ですので、完成する家も様々です。

 

一つとして同じ家はありません。

 

それが、納得の家づくりです。

 

 

 

 

セニョール  なべ

 

店舗ショールームのご紹介

[建設業] 静岡県知事(般-27)第30817号  [建築士事務所] 静岡県知事登録(4)第6997号
[住宅性能保証協会] 21003789  [宅地建物取引業] 静岡(4)第11653号

営業エリア
東部 : 富士市、富士宮市、沼津市、三島市、御殿場市、裾野市、清水町、小山町、長泉町、函南町、伊豆の国市、伊豆市一部
中部 : 静岡市、焼津市、藤枝市、島田市、吉田町、牧之原市、川根本町
西部 : 浜松市、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市、森町

納得住宅工房は自然素材の注文住宅の工務店。静岡・富士で実績の安心工務店。

[本社]  〒416-0952 静岡県富士市青葉町572  TEL:0545-65-7109(受付時間:9:00~20:00)  FAX:0545-65-7133
[静岡店]  〒424-0884 静岡県静岡市清水区草薙一里山5-9  TEL:054-344-7109(受付時間:9:00~20:00)  FAX:054-344-7113
[浜松店]  〒433-8122  静岡県浜松市中区上島6-2-31  TEL:053-471-7109(受付時間:9:00~20:00)  FAX:053-471-7113
[三島店]  〒411-0907 静岡県駿東郡清水町伏見798-1  TEL:055-973-7109(受付時間:9:00~20:00)  FAX:055-973-7115
小冊子プレゼント