ディズニーシーに行けます!|CEO家創りコラム|静岡県の注文住宅の工務店[納得住宅工房]富士市・静岡市・浜松市・三島市

AIコンシェルジュ

CEO家創りコラムCEO creation column

KUBO's BLOG

ディズニーシーに行けます!

納得住宅工房、スタッフ達、関係業者様、そしてオーナー様まで参加している地域の子供達に送り続けている納得の伝統があります。
今年で7年目になりますが毎年 家族と一緒に住めない児童養護施設のお子様たち、今年は約70名
引率者入れて100名を、ディズニーランドで引率から含めて全てを
全部納得住宅工房グループで提供しております。
チャリティ賛同者様たちから提供品があったり、それをオークションしたり地域で児童養護施設のお子様達に何かを届けようと活動しております。
今年も無事資金が集まり、子供達をディズニーシーに連れて行けます。
素敵な幸せな家創りを私共が日々行えている中
様々な事情で、家族と一緒に住めない子供達が世の中には沢山おります。
普通の子供が、普通のディズニーランドの思い出などがある中、彼らはそんな事を望めない環境おります。
我々が、如何にも偉そうに連れていくのではなく、その子供達に思い出を創る事が出来たら嬉しいな。
そんな思いで7年前に始めました。
私共のスタッフ、業者、そしてお客様までもが地域のイベントとして、楽しみにして下さいます。
そして弊社では、新卒の子達に、このイベントを企画運営、引率まで任せます。
皆様からの無償の愛情で富士からディズニーランドまでお連れできるのです。
半分は、いつも弊社が提供し、半分はチャリティ参加で地域を盛り上げております。
最初は子供達も、何も乗れずに場だけ楽しんで帰られましたが、7年もやると子供たちはディズニー通になり
沢山乗って帰ってきます。
僕たちはイクメンパパ/ソトコト/SDGsというフレーズを最近多用している。
このキーワードに該当する事を、既にやり続けている。
今年は11月27日に行ってきます。
何を伝えたいかと言うと、勿論家族の為に素敵な生活があるべきですが、少しの余裕を地域の児童養護施設のお子様におすそ分けでも
自己満足でも構いませんが、楽しかった記憶を残す活動をしていけば、地域は少しだけ豊かになると思います。
残念な事に、様々な地域、媒体でこの活動を伝えているのですが、いざ主催するとなると日本は、まだまだ手を挙げる方は
おりません。
地域から幸せと利益を頂いて弊社などは成り立っておりますので、還元するのは当然だと思ってます。
いつか何処かのタイミングで、こんな事が地域に広がってくだされば嬉しいと思ってます。
勿論、行政からは、この活動に関しては一言も頂いておりません。
勿論節税にもなりません。
でも僕は必要な事だと思い、子供達には破産しても毎年必ず継続していく。
と約束しております。
何か共に出来る事が、あったらお力を下さい。
企業が地域にお返しをし、そんな暖かい地域が全国に出来て
これは東京では中々実現しないかもしれない。
コミュニティがある地域だからこそ実現できる。
行政ではなく企業が主催なので、子供達にエコひいき出来る。
お願いです。
こんな声を全国に広げられませんか?
心は、とても豊かになります。
気付かれない方もおるでしょうが、参加して下さる方も静岡には沢山おります。
宜しくお願いします。

KEYWORD SEARCH