納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

天野久

浜松店 コンシェルジュ

天野 久[hisashi]

血液型:O型
趣 味:登山(トレッキング)、御朱印集め、美術館巡り、居酒屋巡り
コメント:楽しい家創りを提供していきたいと思います。そのために、お客様が何を必要としているかを深く考え、期待以上の提案をしていきたいです。 私は、お客様に一番近いコンシェルジュであり続けたいと考えています。なので、何かあればすぐに相談してください。 お引渡しが終わってからも末永くお付き合いして貰えるコンシェルジュを目指しています。

住宅の消費税はいつからが対象なの?

2019.01.04

ブログを見ていただきありがとうございます。

浜松店コンシェルジュ 天野です。

 

正月に懐かしい友人と飲む機会がありました。

昔の話しで盛り上がっていたのですが、

この歳になってくると将来の話や仕事の話が

会話のほとんどをしめていました。

学生の頃はこんな話しをするとは思っていなかったので、

自分も歳をとったなと感じた正月でした。

まだ若いのに・・って声が聞こえてきそう・・・

 

友達との会話の中で消費税の話になり、友達がこんなふうに言っていました。

 

消費税は2019年10月に増税されるから

ここまでに契約すれば消費税はあがらないよなと言われました。

 

友達にはその場で答えてあげましたが、

ブログでも簡単に説明したいと思います。

 

ポイントは2つあります。

1:10%が適用される「引渡し」のタイムリミット

8%の消費税で住宅を購入しようと思った場合、

その期限は「2019年9月30日」となります。

この日までに不動産の「引渡し」を受ける必要があります。

 

2:経過措置における「請負契約」のタイムリミット

注文住宅を建てる場合は、完成時期が多少ずれ込むこともあります。

そこで、工事請負契約の締結時期が重要となるのです。

請負契約を「2019年3月31日」までに締結すれば、

引渡しが2019年10月以降になっても8%が

適用される経過措置が講じられます。

 

簡単にまとめましたが、個人的には大事なのはタイミングだと思います。

消費税については、購入のタイミングを決める重要な判断材料であることには変らないのですが、

大事なのはこれらだけではないと思います。

消費税増税以上に、将来のライフプランを家族とよく話し合あって、

それに合ったタイミングで購入することの方がより大切です。

増税の前でも後でも、それぞれの金額に対応した資金計画を立てておけば

たとえ増税後の購入になったとしても気にする必要はないでしょう。

 

明日から新春イベントがあります!!

皆様のご来場を心からお待ちしております!!

 

浜松店コンシェルジュ

天野 久

hisashi@nattoku.jp

Close
チャットで相談
Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ