納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

ikeda

富士店 富士店店長/コンシェルジュ

池田 絵理子[ikeda]

血液型:O型
趣 味:映画鑑賞・ものづくり・ピアノ・お絵かき・旅行・スノボー
コメント:お客様の笑顔が見たい、ありきたりな言葉ですが、いつもそれに向かって本気です。 激熱です!一緒に家創りを楽しみましょう♪

江之浦測候所

2017.11.04

みなさんこんにちは

納得住宅工房 富士店コンシェルジュのえりきゃんです

 

そういえばFBでさらりと投稿したきりでしたので、

例の「江之浦測候所」についてのレビューをしたいと思います。(長いですよ)

 

 

 

「測候所」って!?なんの施設!?

 

 

 

と思われる方も多いと思いますので、

ホームページのURLを添付しておきます。

 

http://www.odawara-af.com/ja/enoura/

 

 

 

 

少しホームページから抜粋すると、

 

 

 

悠久の昔、古代人が意識を持ってまずした事は、天空のうちにある自身の場を確認する作業であった。そしてそれがアートの起源でもあった。

新たなる命が再生される冬至、重要な折り返し点の夏至、通過点である春分と秋分。

天空を測候する事にもう一度立ち戻ってみる、そこにこそかすかな未来へと通ずる糸口が開いているように私は思う。

 

 

 

このような建築概要をもとに作られたものであるということで、

とにかく気になって気になって行って来たというわけです。

 

 

 

 

測候所の各施設は、日本の、各時代の特徴を取り入れた建築様式や工法で再現されているということで、

ホームページでも『「日本建築史」を通観するものとして機能する』と表現されているように、

近代アートのようで、伝統的な建築にも触れることができる施設となっていました。

 

 

 

早速いってみましょう。

 

 

 

 

このプチ旅は、

買ったばかりのまだ一口した飲んでいないお茶を

口につけてから3秒でホームに置き去りにし、

 

 

行きもしないはるか東京までの新幹線チケットを

誤って購入するところからはじまる。

(結局払い戻しはできなかった。)

 

 

自分が普段いかに人にお任せでついていく人間かということを

開始早々30分で思い知る。

 

 

たまたま前日に、

雑誌『CASA BRUTUS』がこの江之浦測候所を特集していると聞いて、

本屋さんで購入。

 

 

 

 

まだ一般にOPENしてから数日だったこともあり、

タクシーのおじさんにも、

 

「あれはなんの施設ですか?」

 

と聞かれる。

 

(私もそれをこれから見に行くのだけど…)

と思いつつ、

 

ホームページと『CASA BRUTUS』でつけたにわか知識を

こんなに早く人にシェアすることになるとは思いませんでした。

 

 

ここからは江之浦測候所の写真↓(茶室は撮り忘れました)

 

 

 

 

このスケルトンの舞台で、能などを披露するイベントも日によってはあるそうです。

 

 

息を呑むほど広く、長い水平線が広がっていて

海の広さを思い知るといいますか、

最近これほどの水平線を見たことがなかったので、

これを前に自分のちっぽけさを知る様な、そんな景色でした。

この施設においても海が重要なテーマであることを再認識します。

 

 

古代人はこの景色をみてなにを思ったか。

 

 

↑この木のテーブルはすごかったです。

消しゴムとか間に落っこちてしまいそうなので、

勉強には不向きかもしれませんが、

そんなことはもはやどうでもいい、素晴らしいテーブル。

 

 

窓がとってもうつくしい各施設。

 

 

階段の石も良く見るととても綺麗。

(というか階段がおもしろい)

壁や床に使われている石たちも、各所から集められそこにおさまっている。

 

 

 

個人的に衝撃だったのは、この写真。

 

空と海が地平線でスパンと分かれている、写真です。

 

 

 

ところで、一人旅の予定だったこのプチ旅ですが、

 

測候所についたところで、2人旅に変わりました。

 

 

↓このために台湾から来たというおじい様。

2人そろって開館の45分前に到着したご縁もあり、

また通訳がてら一緒に回ることになりました。

 

 

 

 

おじい様のおかげでこうしたふざけた写真も残すことができました。

 

 

 

雷の写真の前にて。

 

 

 

ふいうちで撮られた写真で、己のO脚さを知る。ひどい。

 

 

 

 

 

あとから知ったことですが、

おじい様もまた、台湾でアートをお仕事にされている方とのこと。

 

 

 

 

素敵なやわらかいオーラを放っている素敵な方で、

 

「アートはこの先、一層人にとって大事に大事になってくるから、

今からでもできるだけ沢山触れた方がいい」

と。

 

年齢も言葉も全然違うけれど、

ここで出会ったことも、好きなクラッシックの作曲家も、

アート好きも、大事にしているものも似ていて、

特別な出会いだったんだと思いました。

 

 

 

最後に、こちらの施設を手掛けた杉本さんご本人に出逢うという

とびきりのミラクルを引き起こし、

 

たぶんペットボトルのお茶を瞬間に失ったことも

東京まで余分にチケットを買ったことも

もはやこの運の為だったんだと妙に納得しながら

私の日帰り旅は無事に終わりました。

 

 

意外…でもないと思いますが、

周りに建物やインテリアメインだとしても

アートが大好きな方が多いなと思います。

 

弊社、納得会の業者の会長さんも、

アート好きのおしゃれおじ様なので

おしゃれおじ様経由でおもしろそうな情報を仕入れては、

次はどこにいこうかと模索中しているところです。

 

とりあえず東京だな。

 

池田絵理子

ikeda@nattoku.jp

 

 

AIコンシェルジュに相談
Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ