納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

ikeda

富士店 富士店店長/コンシェルジュ

池田 絵理子[ikeda]

血液型:O型
趣 味:映画鑑賞・ものづくり・ピアノ・お絵かき・旅行・スノボー
コメント:お客様の笑顔が見たい、ありきたりな言葉ですが、いつもそれに向かって本気です。 激熱です!一緒に家創りを楽しみましょう♪

「土地選びの手引き その①」

2018.02.04

みなさんこんにちは

富士店コンシェルジュのえりきゃんです

 

最近お土地をお探しのお客様のご相談をよくいただきますが、

お土地探しもまた一大プロジェクト。

 

良いお土地に巡り会えるよう動いていく一方で、

流れを知らないばかりに色々と大変な思いをされる方も多いなと感じています。

 

私なりにお土地探し手引きをつくってみましたので、

お土地からご新築を検討されている方は

ぜひ参考にしてみてください!

 

少しでもお役に立てていただければ幸いです。

 

 

一般的にお客様と不動産屋さんの直接やりとりでは、

お金のことや期間のことなどの交渉をお客様が言いにくいというところと、

理解の違いでトラブルになるケースがあるので、だいたいどこかの建築会社さんと土地探し・交渉をするケースが多いです。

もちろんだめではありませんが、土地も失敗できませんのであまりご自分たちだけでやらず、ある程度お任せしてしまうことをおすすめします。

 

 

 

【お土地売買の流れ】

 

 

お土地購入の一般的な流れとしては、

①土地検討→②土地の買付証明書提出(仮予約)

→③土地契約(頭金支払い)→④土地決済(残金支払い)

となっています。

 

 

  • ①土地検討~②土地の買付証明書提出

土地は先着順と決まっているので、「あ、いいな」と思った段階で、仮予約(だいたいの場合は土地の買付証明書という書類を不動産屋さんに提出します)をします。

この時に他に予約している方がいなければ、第一優先で、土地の購入を検討する権利を得ます。他に予約が先に入ってしまっていて、二番手に予約をいれた場合は、その方が土地を買うのをやめるか、また融資が通らなかったなどの事情があった場合のみ、権利が回ってきます。

買付証明書を提出したからといって、土地を必ずしも買わなければいけないということはありませんが、「買う意思があります」ということを不動産屋さんに示すことでもあるので、あまり不誠実なことはできませんが、値段の交渉や、より詳しい情報などを得ることができます。

分譲地ですと、皆考えることは同じなので特に土地の競争が激しいです。気に入ったお土地を悩んでいて他の方に買われてしまったというお客様を何組も見てきました。

買付証明書を出さなければ、悩みたくても悩むことすらできない場合が多いということを、一つ頭の片隅に覚えていていただければと思います。

 

 

  • ②土地の買付証明書提出~③土地契約

土地の買付証明書を提出=「買う意思があります」と不動産屋さんに示すことだと↑でお話しましたが、そうすると不動産屋さんもそのお客様の為に、他のお客様からの問い合わせを断ります。なので一般的には買付証明書を提出してから1週間ほどで、土地の契約日を決めてくださいと言われます。

その1週間の間に融資の事前審査をしてくれと言われるケースもあります。

なぜ1週間かというと、予約をしているお客様が検討している期間は、不動産やさんも他のお客様からの問い合わせを全部お断りをしているので、これは不動産屋さんにリスクがあることです。待ってもらって待ってもらってやっぱり買わないとなった時に、不動産やさんも困ってしまうので、だいたいそのくらいの期間が一般的です。

 

ただかならず1週間かというと必ずしもではなく、状況に応じて相談に乗ってくれるケースがあります。ここも交渉です。

土地契約の際には、土地の価格の一部を不動産屋さんにお支払いする必要があります。一般的には50万~100万ですが、ここも交渉ができます。

土地契約を締結すると、「購入をやめた」となった時に、融資などの理由でない限りは、金額が発生します。

※余談ですが、買主が購入をやめたとした場合、手付金50万(仮)を放棄して契約を解除できます。

売主が売るのをやめたとした場合、お預かりしている手付金50万にさらに同額の50万円を載せてお客様にお返しして契約を解除できます。

こんな仕組みになっています。

 

 

  • ③土地の契約~④土地決済

土地の契約から土地決済までは、一般的には1か月と決まっています。

これまでの流れを振り返ると、

「土地決めてから1週間で土地契約、1か月で銀行で融資を実行して残額支払い」

ということで、かなり忙しいことがわかるかと思います。

融資を組む際には建物のご計画を合わせて融資を1本で組むことがほとんどですので、この時には建築会社さんを決め、家の資金計画もある程度できている必要があります。

(土地だけ先に購入も可能ですが、土地建物を一緒にやられた方がお金の面でメリットが出る場合が多いです。)

住宅会社さんを検討するのも、金融機関さんを検討するのも、事前審査をするのも、お土地を決めてからではかなりタイトという流れを念頭に、どのようにご計画しようかを検討してみてください。

 

 

池田

 

 

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ