心も身体も解放される 上質な寛ぎの時間(とき)を過ごす寝室|インテリア|静岡県の注文住宅の工務店[納得住宅工房]富士市・静岡市・浜松市・三島市

AIコンシェルジュ

インテリアINTERIOR

INTERIOR MEDIA

心も身体も解放される 上質な寛ぎの時間(とき)を過ごす寝室

透き通った空気が心地よい冬の朝、明るく爽やかな朝陽が射し込む寝室と、細い窓から柔らかな陽射しを感じる落ち着いた寝室、あなたが目を覚ますとしたら、どちらのシチュエーションがお好みでしょうか。「寝室はただ寝るだけの部屋だからそんなにこだわらなくてもいいや...」と考えてしまうのはとてももったいないことです。癒しを感じる場面は人それぞれ。光の溢れる空間でリラックスしたい方もいれば、落ち着いた空間をほのかな光で過ごす方がお好みの方もいらっしゃることでしょう。プライベートな時間を過ごす寝室を心と身体を休める部屋として、本当にリラックスできる空間づくりを追求してみてはいかがでしょうか。今回は、上質な癒しと寛ぎの時間を過ごし、心と身体を解放する寝室をご紹介したいと思います。


安眠へと導く柔らかな光に包まれた優しい寝室

img_0592.jpg

窓からの明るい光で目覚めることができる寝室。落ち着きのある淡いグレーに塗られた壁は、お施主様が選ばれた「フランス漆喰」。優しい色合いに間接照明がほどよく合っています。携帯電話や目覚まし時計、読みかけの本を気軽に置くことができるコンセント付きのカウンターがとても便利です。寝るためだけに過ごすにはもったいない空間です。


落ち着きと寛ぎのある寝室

5-img_1206.jpg

柔らかい間接照明で照らされる濃い色で塗られた壁は、寝室に落ち着きを与えています。実はこのダークトーンの壁は、裏手に作られたウォークインクローゼットの目隠し効果も兼用しており、見た目の美しさや寛ぎ効果とともに、実用的な役割を果たしています。桐の香りに包まれた寝室では、森林浴気分でぐっすりと休息を取ることができます。


ニュアンスカラーで塗られたシックな寝室

5-img_5914 (1).jpg

真っ白な外観デザインのこちらの邸宅。寝室も白い壁を基調としつつも、ベッドのヘッド部分の壁はニュアンスのあるシックなカラーをセレクトし、間接照明が印象的な陰影をもたらしています。気持ちを落ちつかせる深いカラーのフローリングに加えて、奥へと続くアーチのデザインも寝室にぴったりの柔らかな印象を与え、やすらぎや落ち着きに包まれた寝室になりました。


黒がもたらすリッチでエレガントな寝室

2013-01-30k-5.jpg

黒い外観に包まれた美しい家。その寝室も、黒の統一感を意識しました。寝室から続く畳の空間は、和の世界を黒で表現。寝室との境には和テイストの縦格子を用いました。黒の世界観に合うミニマムな窓も、落ち着いた寝室を演出しています。静かなだけでまとめず、黒の持つリッチな華やかさも表現しています。


ベッドの幅に合わせて計算された寝室の窓

06-img_1840.jpg

白い廊下から続く寝室ですが、その扉を開けると白区明るい世界からは一転、アジアンテイストの落ち着いた空間があらわれます。床と同じく落ち着いたトーンを天井にあしらい、低めのベッドにすることで空間を感じる仕組みになっています。計算された二つの窓は、ベッドの幅に最小限のあかりを取り入れています。落ち着きと癒しを感じる効果をもたらしています。


爽やかな清々しい寝室、落ち着きと寛ぎの寝室、さまざまなテイストの寝室をご覧いただきました。ゲストをお迎えするエントランスや、家族で過ごす快適さを重視するリビング・ダイニングルームといったパブリックなエリアと異なり、寝室は本来の自分で過ごす事ができる空間です。好きな色、好きな光、好きなインテリア、心地よいと感じるスペースを、考えてみませんか。納得住宅工房Webサイトのギャラリーでは、この他にもたくさんの個性溢れる寝室をご紹介しています。ぜひご覧ください。

KEYWORD SEARCH

MONTHLY ARCHIVE