照明から考える、心地よく暮らすための 自分好みの家づくり|インテリア|静岡県の注文住宅の工務店[納得住宅工房]富士市・静岡市・浜松市・三島市

AIコンシェルジュ

インテリアINTERIOR

INTERIOR MEDIA

照明から考える、心地よく暮らすための 自分好みの家づくり

家の間取り、雰囲気のイメージが固まったら、仕上げにこだわっていただきたいのが「照明」です。もちろん、注文住宅を考えていらっしゃるようなお客様のなかには「リビングにはアルコランプを置いて、ソファはコルビュジェのLC3を...」といった具合に、照明を中心にした部屋作りの理想をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、天井から一灯で部屋全体を明るく照らす照明の印象が根強くあるのではないでしょうか。部屋の印象を決めるライティングのテクニックは、それほど難しいことではありません。年末年始はリビング・ダイニングルームにゲストをお迎えする機会が増える時期でもあります。寛ぎのリビング・ダイニングルームを演出する、照明にこだわった部屋作りの事例をご紹介したいと思います。


目に入る「黒」が全て「マットな黒」の大人のダイニング

n_tnimg_5807.jpg

キッチン、カップボード、ドア、ダイニングチェアと、さらに仕上げに選んだ照明まで全てマットな黒で引き締めたダイニングです。ダウンライトとペンダントライトの組み合わせで部屋の白い壁に上手に陰影を生み出し、奥行き感を生み出しています。個性的なペンダントライトMurano Dueは表面のカッティングも美しく、シックなシャンデリアを思わせるデザインです。


木目の美しさを際立たせる甘く優しい灯りで寛ぎの空間を

3-img_4386.jpg

フローリングやダイニングテーブルの木目を美しく照らす、優しい明るさの部屋作りです。個性的なペンダントライトに目を奪われてしまいますが、テレビボード上に設置したブラケットが照らし出す壁の灯りも印象的です。


木の温もりを感じる天井と照明でリビングを仕上げる

n_tnimg_04461.jpg

白くシンプルなLDKを単調な印象にせず、温もりをプラスしているのが天井にあしらった木のデザイン。さらにダイニングテーブルの照明にも木を使ったデザインのペンダントライトを採用し、トーンをリンクさせることで、全体のまとまり感を生み出しています。


白を基調とした部屋をモダンに仕上げる照明選び

n_tnimg_1389 (1).jpg

部屋の壁、キッチン、ダイニングテーブル、チェアまで白で統一された空間。そこにこだわって選んだ照明は、北欧デザインを代表するデンマークのランプ「LE KLINT レクリント」。美しいフォルムだけでなく機能的にも優れた照明が、部屋に美しい陰影を創りだしています。


色味を抑えた空間に憧れのアルコランプで華やかさを

n_tnimg_4071-edit.jpg

吹き抜けのリビングに黒い階段で、全体的にモノトーンに色味を抑えて仕上げた部屋作り。その一角に真っ赤なソファ、そして空間を美しく彩るアルコランプを置きました。アーチを意味する「アルコ=ARCO」が、直線的に切り取られた部屋に優美な曲線を生み出し、アルコランプが創りだした光の円が模様となり、憧れのソファスタイルを完成させてました。


いかがでしたか。こだわりで選んだ照明をご覧いただきました。 部屋の照明とは少し異なりますが、冬のお出かけの楽しみのひとつに、イルミネーションやライトアップがあります。小さな光の粒が集まり、ロマンチックな輝きを放っています。街を明るく照らす街灯とは役割がことなり、見せるための照明の代表ですね。レストランやホテルも、お客様にリラックスして楽しんでいただくための、雰囲気づくりのテクニックが随所に見られる場所ですので、どこかを訪れた際に自分がくつろげる印象を受けたなら、部屋の明かりを注意して見てみると、そこに理想の照明のヒントが見つかるかもしれません。気に入った雰囲気が載っている雑誌やパンフレットの切り抜きをストックしておくこともおすすめします。納得住宅工房では、皆様の「なんとなく心地よい」「これが理想なんだけど...」といったパーツを繋ぎ合わせて、思い描いていた家づくりのお手伝いをさせていただきます。ぜひお問い合わせください。

KEYWORD SEARCH

MONTHLY ARCHIVE