納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

台風 チャッピー

2018/10/01

昨日は台風24号。通称チャッピー(誰が、こんな可愛い名前つけたの?)

凄かったですね。

今まで50年の中で一番すごい台風だと感じました。(まだ外吹いてますね)

僕の自宅も風辺り強い場所なので、外の音は凄かった。

今日は朝から、過去のお客様周りに静岡県内全店の監督、コンシェルジュが奮闘しております。

家の耐震性等は、流石に僕達は強いです。

ここでは、では実際どんな被害が多いのか曝け出してお伝えします。

『とにかく他から何かが飛んできて当った。』

これが多い。

これは概ね、保険対応が可能な保険に入られているケースが多いです。

その保険屋さんとの対応が、多い。

やる事は、外壁の当った部分の補修。

他にも、植栽が折れた。

フェンスが折れた。

カーポートが壊れた。

エクステリアが、多いです。

今後、雨戸が復活するかもしれません。

カーポートが少なくなり、ガレージが増えるかもしれません。

外に当たる風と、僕の家で言えば中庭(パティオ)の静けさが、かなり違いました。

これは今後の設計のヒントになるかもしれません。

要塞の様な家=外には開かず中に開く。

隠せる物は隠す。(インナーガレージ)

雨水排水は逆流の恐れもあるので、出来れば浸透マス。

換気扇の逆流は、流石に仕方が無い。(一種にしても、同じ)

風当たりが強い窓には、シャッターも考える(物が飛んで来たら割れる)

川の近くも避ける。

盛り土は、避ける。

ソーラー載せても、非常時はそんなに役立たない。

蓄電池は有効かもしれないが、まだ性能も高くなるだろうし安くなる期待がある。

今なのか?

植栽植え無い。

フェンスもブロックも積まない。積むなら、しっかりした補強を入れる。

 

こう述べるだけで、今の住宅トレンドやCMで述べている事が実際は何の役も経たないって、ばれます。

耐震等級考える前に非災設計デザインを、何気なく美しく取り入れる事が大事。

 

理想は、上記に述べた家。

そこに今の住宅トレンドは合って無い。

納得住宅工房は、違う理由(外から見られないデザイン)を得意としてきて、

結果的に外からの被害の発生リスクが、比較的少ないデザインにはなっている。

 

でも他でやっているような、何処にでもある四角い総二階のコストと利益を追求したシンプルな家。

だと…うーーん。

それも、それ。

間違えてはいない。

 

しかし今後も、太平洋の水温が上がって大型台風が直撃して。

これが来年から減りますなんて、心から思って無い。

この調子だと、まだ来ますね。

 

停電も、本当に大変。

 

住宅会社にとって重要な事は、こうゆう後に、言われてないけど会社が

どれだけお客さまに連絡を取って、直ぐに対応するか。

この企業姿勢。

 

今、事務所でも総動員して、過去建てたオーナー様(2000件)にメール、SNSでの

連絡。

今の時間も全員での連絡。

スタッフの自主性見ていると、涙が出てきます。

 

実際被害に合ったお客さまは、ほとんど居ませんが。

でもチャッピーって名前は申し訳ないけど嫌いになりそう。

 

住宅会社でも、災害時は大変なのに消防さん、行政さん、警察さん、東電さんの現場の方は

どれだけ不安で大変なんでしょう?

その家族の方も、不安だと思います。

 

地域は非常に重要な絆で固まってますね。

何かありましたら、直ぐ連絡下さい。

 

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ