納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

恩人の誕生日

2015/08/22

今日は、小学4年生から付き合いの始まった大親友であり大恩人の倉本副社長のバースデーです。

プライベートな内容で申訳ありませんが、彼には人生 本当に助けられっぱなし。

昔の倉本さんは体育の時間しか存在感が無かった運動オタクで、滅茶苦茶でした。

『肥る自分のイメージが無かった。』

今では、このように回想されております。

海に一緒に行っても、 筋肉自慢らしく沖に出てっては、足がつったり波に流されたり…

学習能力が無く、同じ事を繰返してました。

 

 

大体、新興住宅地に親が家を建てた小学四年生から同じ町内で育ってきた僕達は、いつも一緒でした。

中学の頃には、『バンド始めようぜ』と言い、気が付いたら30年以上音楽も続けております。

倉本さんが中古ドラムを買い、僕の6帖の部屋で昼間 雨戸を閉めてバンドの練習を

したら近所から、凄く怒られた。

当然同じ音楽を聞き、毎週スタジオに入り…

 

大人になって少し余裕が出てきて、東京にライブに行ったり…

エアロスミスやら、ボンジョビやら…。

 

僕が家を建てたら、すぐ近くに家を建て。

彼は、かなり初期の納得オーナーです。

家を建てる気は無かったそうですが、僕が起業したので応援の意味で家を建ててくれました。

 

 

起業するときには、倉本の後押しがありました。

勢いもありました。

 

新春の挨拶が『あけましておめでとう。今年仕事がやばい。』でしたので

『うち(納得)に入れば?』

と返すと、『入る。』

こんなやり取りで、入社して来ました。

 

半年間全然契約が取れなくて、本人は落ち込んでました。

ところが半年経ったら、あっという間に凄い成績を収めました。

 

静岡に店を出すときは、当然自分が先頭を切って立ち上げてくれました。

静岡でオープニングパーティ&オータムパーティをやった事は感動でした。

あの時は、社員全員が灰になっていた事を思い出します。

 

 

その際に、先日なくなられてしまったRCサクセションの小川銀次さんが、名曲『スローバラード』をお客様や

スタッフ達のバンドで弾いてくれた事は、素晴らしい思い出です。

 

倉本に社長をさせたいなって考えて、スタイルホームの二代目社長に就任して頂きました。

結局、身を粉にして僕の代わりに、働いてくれている。

 

昔から変わらない、僕の後見人であり、僕に降りかかる災いをいつも本気で対処してくれる。

僕に集ってきたドイツ人に、倉本さんが大雪のベルリンでマジ切れして そのドイツ人に怒っていたのは、涙しました。

 

結婚式の前に、イタリアでプチパーティをコモ湖のテラスでやった際に、倉本と杉山常務を、うっかり

連れて行くのを、忘れました。

僕なりに、必死だったんです(言い訳)

 

そうしたら芝生の向こうから、倉本さんが花嫁姿で、杉山さんが…杉山さんは何の格好だったのか?

まぁいいや。

倉本さんが、登場したんですよ。イタリアのコモのレストランに。

これは泣きました。

 

自費で、内緒で来てくれてたんです。

 

エピソードは色々ありますが、中々人生これだけ一緒にいる友達はおりません。

こんな事書いていると泣いちゃうな。

 

そんな最高の親友以上の副社長 倉本さんが本日48回目のバースデーです。

人生の3/4一緒です。

流石に飽きますが、こいつが居ないと僕の人生は何も起きませんでした。

全部 こいつと共同作業です。

 

自分の人生の誇れる部分で一番だとしたら、間違いなく『倉本とのご縁』です。

 

今後も、彼と二人三脚で納得住宅工房を盛り上げて、旋風を起こして

お客様に涙してもらいますので、引き続きご愛顧下さい。

 

倉本さん、今日はバースデーおめでとう!

 

喜んでくれたでしょうか?

 

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ