納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

工藤勝久

浜松店 浜松店店長/コンシェルジュ

工藤 勝久[K.Kudo]

血液型:AB型
趣 味:読書・スノーボード・ショッピング・掃除
コメント:納得の魅力に引き込まれ、納得のオーナーになりました。オーナーコンシェルジュとしてお手伝いさせて頂きます。一緒に感動の家創りをしましょう!

お引き渡しから上棟~なぜ餅を投げる~

2018.12.05

みなさん、こんばんは!!

 

 

 

あなたのハートに刺激を与える 

スパイスコンシェルジュの工藤です!

 

先週末の土曜日、

 

こちらのお家のお引き渡しがありました。

先日完成見学会を開催させて頂き

 

大変大好評だったこちらのお家。

 

見学会にも大変大勢の方にお越し頂きました。

ご来場頂きました皆様

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

ネコちゃんと暮らす2世帯住宅のこちらのお家。

 

長年ご両親様が守ってきた、歴史あるお家を建て替えるという

 

ご家族皆さまの想いが込められた、壮大なプロジェクトでした。

 

そんな大切なプロジェクトを担当することができ

 

私も幸せで胸がいっぱいでした。

 

これからもご家族皆様、

 

新しいお家で幸せに暮らして頂きたいです。

 

 

M様、お引き渡しおめでとうございます!

 

 

 

 

そして同日、

 

お引き渡しのあとに

 

同じ町内のすぐそばで

 

私が担当するオーナー様の上棟がありました。

同じ町内で、納得のお家がどんどん誕生しています!

 

夕方から上棟式を行い、

 

そのあと

 

お餅投げをしました!!

昔に比べだいぶ減りはしましたが、西部地区では今だにお餅投げの風習があります。

 

 

お餅投げ楽しいですよね!

 

私、大好きです!(猛爆)

投げる方は大盤振る舞えで殿様になった様な気分でめちゃめちゃ楽しい!

 

もちろん、拾う方もめちゃめちゃ楽しい!(笑)

 

 

 

そもそもこのお餅投げ、

 

なぜお家を建てる時にやるのか皆さん知ってますか??

 

 

 

諸説ありますが、

 

上棟式でのお餅投げは、

 

「散餅銭の儀」という災いを祓うための儀式の中で、

 

餅と銭をまく事がもとになっているようです。

 

家を建てることは大きな厄災を招くという考えがあり、

 

その厄を避けるために餅や小銭をまいて他人に持って帰ってもらうという説があります。

 

古い時代には、家を建てるということは、(地域)の共同体による共同作業でした。

 

「家を建てる」=「富がある」ということの象徴で、

 

その富を地域の共同体で分け与えることで、

 

厄災(家を建てられない人の嫉妬も有ったと思います)を避けるために、

 

神饌であり保存食でもある『餅』や富の分配の形としての『小銭』をまく(分配する)ことが、

 

地域の共同体の中での生活を円滑におこなうための習慣だったようです。

 

平安時代から鎌倉時代にかけて上棟式そのものの習慣が広まり、

 

一般庶民も行うようになったのは江戸時代からだそうです。

 

地域によって風習は様々で投げるものも異なるようです。

 

地域によっては、こんぶ、するめ、大根などがまかれます。

 

遠州地域では、餅やお金以外に、駄菓子、手ぬぐい、ミニ俵などを投げます。

 

※大根をまく地域では、大根は消化がよく「胸が焼けない」ことから

「棟が焼けない」と火伏せにつながるとの意味があるそうです。

 

この時に撒かれた餅を焼いて食べる事は火事につながるといわれ、

絶対に焼いて食べてはいけません!

 

餅投げの最初に投げるのが

 

四方餅(角餅、四隅餅など様々な言い方があります。)

 

東西南北の神様への感謝で投げるお餅です。

 

通常のものより数倍大きなお餅なので、餅投げの際に争奪戦が起こることもあります(笑)

 

投げる順番があり、北東→南西→北西→南東の順に投げます。

 

四方餅を投げ終わると、お餅投げ本番です。

 

メインは紅白の丸いお餅で、

丸い形の由来は諸説ありますが、

ご近所にかどを立てないで仲良くします、

何かあってもまるくおさまりますように、との意味があると言われています。

 

なぜお餅は紅白なのか?

 

敵味方の区別無く、一同に介したらおめでたいということで、

 

源平合戦の際に、赤と白の旗印に分かれて戦った事が由来しているという説が有力だそうです。

 

また、赤色が赤ちゃん、白色が死や別れを意味し、その2つの色を組み合わせることによって、

 

人生そのもの(人の一生=ハレの舞台)を表しているからという説も有ります。

 

中国では、赤はめでたい色として有名です。

日本人の感性、美意識も関係しており、要は白色と赤色を組み合わせる事で、

 

赤い色が最も美しく爽やかになると感じたようです。

 

 

どうですか?勉強になりましたか??

 

すべてネットから引用した昔の私のブログからコピペしました。(猛爆)

 

すいません・・・。

 

 

お餅投げの意味を知らない人に教えてあげて下さいね☆

 

 

K様、上棟おめでとうございますっ!!

 

終始、最高の笑顔でした!!

 

コンシェルジュ 工藤

kudo@nattoku.jp

 

 

 

 

 

Close
チャットで相談
Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ