平屋を自由に楽しもう|ラインナップ|静岡県の注文住宅の工務店[納得住宅工房]富士市・静岡市・浜松市・三島市・掛川市

AIコンシェルジュ

いま、子育て世代からシニア世代まで幅広い世代で人気沸騰中の平屋!
平屋というと、昔の日本家屋や開放感に欠けるイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、
ライフスタイルの多様化と共に、平屋も進化を続けています。
納得住宅工房の平屋はおしゃれで素敵なデザインがたくさん。
憧れの平屋ライフを実現したふたつの事例と共に、平屋の魅力をたっぷりとお届けします!

心地いい開放感に包まれた
インナーパティオのある平屋

浜松市 H様邸

もともと2階建てを考えていたHさんご夫妻。打ち合わせ中に、「この敷地なら平屋でしょ!」と久保社長がその場で図面を引き、 その完成度の高さに度肝を抜かれたそう。「僕が少し席を外して戻ったら、もう妻の心は平屋に変わっていました。」とご主人。

こうして、150坪ある広々したな敷地を活かしたコの字型の平屋が完成。防犯面にも配慮して視線の高さに窓をつくらず、内側に31帖の大きなパティオを設けました。

平屋ならではの段差のないワンフロアに家事動線が集約されていて、ルンバも大活躍。子育て真っ最中の家事時間も大幅に短縮しました。

「新築してから外に出かけなくなったね」と声を揃えてほほ笑むおふたり。息子さんと3人で、のびのび平屋ライフを満喫されています。

平屋とは思えないほどダイナミックな吹抜けのLDK。吹抜けの高窓と中庭から入ってくる自然光が白い漆喰に反射して心地いい開放感に包まれています。

毎朝の目覚めるのが楽しみになる、テラス付きの主寝室。リゾートコテージのような眺めに思わずうっとり。アクセントウォールに施した間接照明もおしゃれです。

玄関ホールは大理石を敷いて上品な空間に。正面のピクチャーウインドウから中庭と青空の眺望を楽しめます。

ご夫婦の理想がギュッと詰まった
快適×コンパクトな平屋

静岡市 O様邸

結婚を機に家創りの計画を始めたOさんご夫妻。「老後も安心して過ごせる、コンパクトで暮らしやすい家にしたい」という奥様の理想通りの平屋を実現しました。

打ち合わせでは、デザインを奥様が、性能面を旦那様が担当。「建築中に『やっぱりこうしたいな』と、後から思いついた要望にも快く対応してくれて、おかげで妥協のない家ができました。」と声を揃えるおふたり。

「以前、アパートで使っていた小さなストーブだけで冬場もポカポカです」と断熱性にも大満足のご様子。おふたりの笑顔から、幸せな平屋ライフのご様子が伝わってきます。

外観は、プライバシーを重視したシンプル&ミニマムなデザインに。何種類もある「黒」の中から選んだというマットな色合いはおふたりのお気に入り。

勾配天井をシダー張りにした開放的なリビングは、北欧カフェのようなおしゃれな佇まい。ゲストが床暖房と間違える無垢の床の温もりもお気に入り。

ダイニングテーブルをあえて設けずに、カウンタースタイルに。空間の魅力をグッと引き上げる高性能のキッチンは、ご主人から奥様への贈り物。

平屋のメリット
デメリットって何?

メリット

・家事動線や移動の負担を軽減
小さなお子さんの転落を防げたり、日常的な上り下りがないので、老後も負担なく安心して暮らせます。
・構造的な危険が少ない
2階部分の重量がない分、地震時の揺れが軽減され、倒壊のリスクも弱まります。
・中庭から光が取り込みやすい
2階部分がないことで、より光が届きやすく、開放的に暮らせます。

デメリット (&解決策例)

・ある程度広い土地が必要
限られた土地も工夫次第。納得住宅工房は土地を活かしたプランニングが得意です。土地の形状や広さであきらめず、まずはお気軽にご相談ください。
・プライバシーや防犯対策が心配
人目に触れやすい視線の高さに窓を設けず、中庭に掃き出し窓をつくったり、 吹き抜け部分に窓を設けて光を取り込んだり。生活環境に配慮しつつ、暮らしやすい間取りをご提案いたします。
・大雨や浸水時に2階へ避難できないのが心配
建築地域の高低差やハザードマップを十分に検討し、土地選びをすることも大切です。ベテランスタッフが土地探しもサポートいたします。お気軽にご相談ください。

平屋の坪数・間取り Q&A

平屋を建てるのに必要な坪数はどれくらい?

平屋を建てるには、広い敷地が必要と思われる方も多いのではないでしょうか

実際のところ、平均的な取得用地 30~50坪程度の敷地であれば、十分に平屋の建築が可能です。

平屋の間取りの決め方は?

平屋の間取りで大切なことは、ご家族の生活スタイルの中で何を優先するかを考えることです。

家族が揃う空間を優先するのであれば、平屋の中央にインナーパティを設けるのがおすすめです。

間取りでは、最も人気が高いのが、3LDKの平屋です。ご家族4人に最適な間取りです。

平屋は建築費が高くなるってホント?

平屋だと、総合的な建築費用が高くなる。これも誤解が含まれています。

平屋は確かに、2階建て住宅よりも基礎の面積が広くなります。そのため、基礎にかかる費用は増額となってしまいますが、2階建て住宅では必要不可欠な 階段、2階のトイレ、ホール部分など、一般的な住宅で約2.5坪ほどのスペースが平屋では必要ありません。また、トイレや洗面なども1Fへの設置のみでOKになるため、 住宅設備も安くなる部分があります。

ですので、総合的に見れば、平屋だから高くなるといったことはありません。

こんな方にぴったり!

  • 自由な間取りや素材にもこだわった平屋を建てたい方
  • おしゃれで使い勝手もいい平屋を建てたい方空
  • 明るくて開放的な平屋を建てたい方
  • 予算内でで理想の平屋を実現したい方

平屋に関する
ご相談・お問い合せ

土地探しから、ご家族の理想ライフスタイルに合わせてご提案いたします。

お気軽にお問合わせくださいませ。

種別 必須
お名前 必須
ふりがな 必須
せい
めい
性別
年齢
ご職業
メールアドレス 必須
半角英数字

ご確認用のためもう一度メールアドレスを入力してください

半角英数字
電話番号 必須
- - 半角数字
ご住所 必須
郵便番号 - 半角数字
都道府県
市区町村
以降住所
ご相談・お問い合せ内容を具体的にご入力ください。
納得住宅工房を知ったきっかけは何ですか? 必須

※「友人、知人の紹介」「その他」をご選択の方はご紹介者様のお名前、知ったきっかけをご記入ください。

個人情報保護方針への同意 必須