AIコンシェルジュ

AIコンシェルジュ

住みやすくて、格好良い。
完全注文住宅で叶える、
二世帯家族みんなが大満足の家。

住みやすくて、格好良い。
完全注文住宅で叶える、
二世帯家族みんなが大満足の家。

住みやすくて、格好良い。
完全注文住宅で叶える、
二世帯家族みんなが大満足の家。

二世帯住宅は究極の注文住宅

二世帯住宅を建築する時に、理想的なのはフルオーダーの注文住宅です。
二世帯住宅は「究極の注文住宅」と呼ばれることもあるくらいです。

見直される近年の二世帯住宅

近年、二世帯住宅の魅力が見直されています。若いご夫婦にとって、土地の購入まで考えると、自分たちだけでは家を建てることは難しい。親世帯だけでは自宅の建て替えにあたって長期のローンが組めないなどといったお金に関するお悩みを解決することができます。

さらに、家事や育児の協力をお願いできたり、病気の時には看病してもらったり、旅行や外出の時には留守を頼めたりと、メリットがたくさんあります。

その反面、安易に二世帯住宅を計画してしまい、後悔している方の声も多く聞かれます。たくさんの人が一つ屋根の下に住むことになるのが2世帯住宅ですから、それぞれに絶対に譲れない部分というのは、必ずお互いに出し合って、きちんと住宅に反映させなければなりません。

失敗の多い二世帯住宅

決まりきった間取りしかない建売住宅や多くのハウスメーカーが採用している、ある程度の枠が決まったセミオーダーでは、後々になって不都合がでてきて失敗してしまう事が多いのです。

多くの人は、注文住宅は費用が高くつくというイメージをもたれていると思いますが、建売住宅などとそれほど大きな金額の差なく注文住宅で建築する事もできるのです。

長い目で見て家族構成の変化に簡単に対応できる構造にしておいくとトータルコストで逆転する事も多いですし、そもそもできる事はできるだけ自分でやるという努力を惜しまないならば、注文住宅で建てたとしてもコストを抑える事がきます。

注文住宅はこだわる所はトコトンこだわれる!

例えば、できるだけお互いのプライバシーを確保して干渉を少なくしたいという事で、玄関を分離する完全分離型に近いような二世帯住宅を建てたとします。

その後、子世帯に子供が生まれると親世帯からすると孫が生まれた事になるわけですから、当然のように両世帯間の距離は今までよりも近づきます。

子世帯にとっても、時々子供を見ておいて欲しいと思う事もあるでしょう。こうなってくると玄関が分離されている事に不都合が出てきます。

それぞれに絶対に譲れない部分

フルオーダーの注文住宅であれば、両世帯の空間を壁で分離するにしても、内部の構造上、簡単に開口部を作って2つの世帯をつなぐような作りにしておく事などが可能です。
子供が大きくなって、家族構成が変わった時などには、また簡単に壁を作る事ができたりと、少しの工夫で長い目で見ればトータルコストは安くなるということもたくさんあります。

たくさんの人間が一つ屋根の下に住むことになるのが2世帯住宅ですから、それぞれに絶対に譲れない部分というのは、必ずお互いに出し合って、例え多少コストが割高になったとしても、それを住宅に反映させるようにしましょう。

いくつかこだわりの部分を入れたとしても、多くの人が住宅ローンを利用する事になると思いますので、長い返済期間で見れば、月々の支払額としてはそれほど大きな負担にはならない程度の金額です。そのわずかなお金をケチって、大切な家族の絆が壊れてしまっては元も子もありません。

二世帯住宅のスタイル

完全同居スタイル

リビングやキッチンなど基本的な生活空間をすべて共有し、二世帯が一緒に暮らす、日本の昔からのスタイルです。
寝室などは別にして、居間や台所などの共有スペースを設けることによって、共有の広い居間で親子2世代の家族全員が集まって賑やかに団欒を繰り広げることができ、家族全員が絶えることのない交流を保つことができます。

さらに利点として挙げられるのは、子ども夫婦が子どもたちを残して外出しても、家に両親がいれば安心できることです。
子どもは、おじいちゃんおばあちゃんと触れ合う時間が多くなりますし、若いご夫婦にとっては子ども最優先で行動が縛られることが減ります。

また建築費用についても、台所・キッチン・玄関などお金のかかる部分が1つだけよく、全員で共用するので、建築費用を抑えられるので、経済的な負担が軽くなる事も大きなメリットの1つです。

「完全同居型」二世帯住宅のメリット

にぎやかで楽しい

2世代の家族が集まって、おしゃべりしたり、仲良く過ごす時間を楽しめます。

親世帯と子世帯がいつも一緒な為、家事や子育て、介護等、助けあいやすい

子世帯の親が働いていたり、初めての子育てをする場合など、親世帯の助けは本当にありがたいもの。親世帯の病気の場合なども、様子が分かって安心です。

お風呂やキッチンを共同で使用することで、建築費用が抑えられる

家族みんなで使うものが1つで済むのは、初期費用として大きな利点です。

光熱費や水道代などのランニングコストも節約できる

基本料金が一世帯分になるので、二世帯分を別々に支払うより、お得になります。

「完全同居型」二世帯住宅のデメリット

世帯間のプライバシーの確保が難しい

所有物の無断使用や寝室の出入りなどのトラブルが起こりやすく、明確なルールを設定することが必要になってきます。

価値観やライフスタイルのゆずりあいが必要

親世帯と子世帯との起床・就寝時間はバラバラ。互いの生活時間に配慮しながら、行動していく必要が出てきます。

親世帯・子世帯の関係性によっては、生活しづらい環境になりやすいこと

親世帯・子世帯ともに正しい関係性が築けていなければ、日々の疲れを癒すはずのお家が余計に疲れてしまう場にもなりかねません。

ローンや各種の税が一世帯分にまとまってしまう

子世帯が転勤等で再び別居するとしてもローンの返済義務があるため、子世帯はローンの支払いを続けなくてはなりません。

シェアスタイル

玄関やキッチンなどの一部を各世帯で別々に設けながら、一部を二世帯で共有する住まい方です。
それぞれに居住空間は独立していますが、キッチン、リビング、玄関など住宅の一部が1つしかなく、2世帯で共用するタイプです。

最近「シェアハウス」という用語をよく聞きます。
ひとつの家に複数の人と一緒に暮らすことやそのための住宅を指す用語です。一般住宅だけでなくアパートなどでもこうした様式が増えているようですが、この場合、住む人は家族ではなく他人同士が一緒に住むのです。このように今は他人同士ですら一軒の家を共有して住む時代になってきています。

そんななかで、「お風呂だけは世帯ごとに設けたい」「料理の好みが違うからキッチンは分けたい」など、どこを分けてどこを共有するか。「リビング」「ダイニング・キッチン」「浴室」のどのスペースに「各世帯のプライバシー」を求めるかによって、「融合度」が高いか低いかが変わってきます。二世帯で話しあい、気持ちよく暮らせるプランを計画しましょう。

「シェアスタイル」二世帯住宅のメリット

ずっと一緒でも、まったく会わないでもなく、適度な距離感で暮らせる

適度なプライバシーを確保しながら、互いの温かみを感じて生活することが可能です。親世帯は、お孫さんにいつでも会えますね。

一部を共用することで空間と予算を効率的に使える

1つの共用スペースを設けることで、親世帯の「趣味用の部屋が欲しい」、子世帯の「来客時に通す部屋が欲しい」という想いを同時に、そして無駄なく解決できます。

「シェアスタイル」二世帯住宅のデメリット

出入りの時に気を使う

共用スペースは事前に相手が使用しているかをチェックしたり、長く使用しすぎていないかなど 相手に気を使いながら生活することが必要になってきます。

基本的な生活時間帯が異なる場合のキッチンやお風呂の利用でお互いに気を遣う

親世帯・子世帯の就寝時間や起床時間は異なるため、お料理などで生じる音はトラブルの元です。 相手の生活時間に行動が左右されてしまいます。

完全分離スタイル

建物は1棟ですが玄関をはじめ、世帯ごとの生活空間すべてを完全に二つに分かれた造りの二世帯住宅です。
それぞれの世帯の居住スペースを上下階や左右に分け、その中で完結させるプランが一般的です。

共用スペースが一切なく、玄関から水まわりまで全ての設備が2つずつあり、同居というより、お隣さん同志で暮らすようなスタイルです。

お互いのライフサイクルやプライバシーを守ることができるので、譲り合ったり我慢したりすることが減るため、良好な関係を続けやすいスタイルです。

「完全分離スタイル」二世帯住宅のメリット

生活スタイルや時間帯が完全に異なる場合でも、「そばにいる」安心感を保てる

各世帯のプライバシーを確保しながら、困ったときは助けてもらう。 トラブルのリスクを最小限にとどめながら、支え合うことができる暮らし方です。

親世帯・子世帯それぞれにあわせたプランで建築することができる

親世帯・子世帯ともに価値観やライフスタイルは異なります。 だからこそ、互いにとっての最適なプランを取り入れられるかが重要なポイントになってきます。

世帯ごとのプライバシーが保てる

生活空間が完全に分割されているため、完全同居スタイル・シェアスタイルに比べて、各世帯の良好な関係を維持しやすいスタイルです。

子世帯の転勤など、二世帯同居を解消する場合に、片方を賃貸物件とするといった、将来の汎用性が高い

賃貸物件とする場合、他のスタイルであればリフォームをする必要がありますが、「完全分離スタイル」なら余計なコストをかけずにそのまま利用することが可能です。

「完全分離スタイル」二世帯住宅のデメリット

他の二世帯住宅のスタイルに比べて、広い土地が必要

それぞれの生活空間を確保するために、どうしてもある程度の土地が必要になります。そのため、お家創りのコストが膨らみやすい傾向にあります。

積極的な交流を持とうとしなければ、完全に別世帯として孤立することも考えられる

生活空間が完全に分割されているため、普段の生活では全く関わらないこともありえます。 その場合、二世帯住宅の恩恵が少なくなってしまいます。

2棟分とまではいかないものの、それにちかい建築費用がかかる

土地の敷地面積と同様に、各世帯の生活空間確保のために住宅の床面積も大きくなります。また、住宅設備の数も2倍になるのでコストが高くなってしまいます。

水道・光熱費もそれぞれに費用がかかる

共用スペースであれば、エアコンやお風呂などの設備を両世帯で共有することで、費用を分割できますが、「完全分離スタイル」では不可能です。

二世帯住宅の素材

二世帯住宅を建築する時に、特に気を付けたいのが、小さなお子さまや、ご高齢の方が住まう家であると言うことです。
健康面での安心、安全、そして何よりも暮らしの心地よさ。加えて、建物の耐久性や機能性。

人間も自然の一部である以上、家も自然素材だけでつくるのがいちばん良いのです。だから、納得住宅工房は使用する建材へのこだわりがあります。

一枚の木から削り出して作る無垢のフローリング。肌触りの良さと時を経ることで熟成する美しさが特徴。オリジナルのスクラッチタイプも人気です。

漆喰や火山灰など自然素材を使い、左官職人が手塗りで仕上げます。自然素材ですので、不快な匂いがせず、体に安心で、調湿効果も併せ持ちます。

キッチン

イタリア直輸入の最高級キッチンや、納得オリジナルの天然石と鏡面塗装の美しいキッチンなど、ハイグレードなアイテムをお選びいただけます。

建具

2m40cmもあるハイドア。フロアから天井まで届くスッキリとした美しいラインは、ホテルライクな空間には欠かせません。納得オリジナル建具。

洗面化粧台

イタリアで手作業で作られる美しいボウルや、カウンター。人造大理石を職人が手磨きで仕上げるため、一日に数台しか作ることができません。

プランニング

ご家族ごとに異なるライフスタイルや好きなデザインなど、一人ひとりにヒアリングし、図面を描き上げます。ご希望はなんでもお申し付けください。

構造

日本で一番建築基準法が厳しい静岡県の会社です。どの県でも安心して建てられる強い家です。天竜檜の木造軸組み+パネル工法+制振ダンパーで地震対策。

断熱

断熱材は環境先進国のドイツなどでポピュラーなセルロースファイバーを使用。サッシはトリプルサッシ。外壁材も断熱効果の高いALCを採用。

防蟻

自然素材で人間には優しく、腎臓を持たない虫だけに作用するホウ酸を使用。ホウ酸は、一般的な薬剤に比べて効果が長く続くこともうれしいポイント。

二世帯住宅のお客様の声

二世帯住宅にしてよかった。
そんな声をご紹介します。

  • 共働きなので、おじいちゃんおばあちゃんが子どもたちの面倒を見てくれるので助かる子世帯の奥様 40代
  • 風邪をひいて寝込んだ時に、夫には食事づくりなど頼めないけれど、嫁が気づかってくれるので頼りにしている親世帯の奥様 60代
  • 冠婚葬祭など、地域の風習について教わることが多い子世帯の奥様 30代
  • 孫と触れ合う機会が多く、よその家に比べてお年寄りに優しい子に成長していると思う親世帯のご主人様 60代
  • 近所で空き巣や放火などという話を聞くと、やはり若い世帯が一緒にいてくれるのは心強い。町内のレクリエーションにも積極的に参加してくれるので助かる親世帯の奥様 60代
  • 近くで孫と接してくれているので、習い事や学費の相談がしやすくとても助かった子世帯の奥様 40代
  • 土地代だけでなく建物代でもメリットがあったので、自分たちだけで建てようと思った当初の予定よりグレードの良い設備を選択できた子世帯のご主人様 30代
  • かわいい孫といつでも遊べるのは、同居ならではの喜びだと思う。周りの話を聞いていて、正月やお盆にしか会えないのはさみしいと思う。親世帯のご主人様 50代
  • マンションで暮らしていた同居前よりも、笑い声や会話が増えた気がする子世帯の奥様 20代