納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

そろそろ親と…二世帯住宅
良い関係をキープしながら助け合って暮らす家づくり

UPDATE - 2016.9.30

家づくりを考える時、もしご両親がご健在である場合に考えるのはやはり、同居についてではないでしょうか。親に干渉されない自由な暮らしを満喫してきたけ れども、少しずつ親の様子が気になる機会が増えた、孫の姿を見せて毎日の活力にして欲しい、など、歳とともに一緒に暮らすことのメリットの方が増えてくる 場合が多いようです。近年需要が高まっている同居スタイル。生活ゾーンを分けつつ、家事や育児で協力し合えるスペースや生活動線を作り、上手に同居できる 家づくりをご紹介したいと思います。

リビング・ダイニングの上に広がる勾配天井

家の中心に位置するダイニングスペースは、親世帯、子世帯が共に過ごす団欒空間。大きな窓に挟まれ明るいダイニングで親子の会話も弾みます。天井のアクセントウォールとペンダントライトがシックなレストランの雰囲気を醸し出しています。

子世帯へと続く天然大理石のエントランス

天然大理石を敷き詰めた二世帯共用のエントランス。1Fの親世帯から2Fの子世帯へと上がる階段は蹴上げのないすっきりとしたシャープなデザインを採用し、空間の視界を妨げません。生活の中にお互いの暮らしの気配を感じたいという仲良しファミリーらしい空間づくりです。

親子の絆が深まるセンターテラスを囲む家

完全分離型の二世帯住宅で親子の絆を繋ぐ空間となっているセンターテラス。普段は生活時間の異なる暮らしをしている親世帯・子世帯ですが、休日や夕暮れのひととき、どちらからともなくテラスに集い、大切な時間を共有することができる。そんな理想の暮らしがここにありました。家族が大好きな野球のダイヤモンドをタイルでデザインしています。

個性的な外観を持つ同居が楽しくなる家

親世帯・子世帯の二つの玄関を変則的に並べ、規則的に並んだ小窓が愛嬌のある、チャーミングで個性的な二世帯住宅。子世帯のリビングは2Fに、親世帯のリビングは1Fにと、それぞれ異なる間取りを持っています。2Fの子世帯のリビングは勾配天井を採用。建物の特徴を活かしたデザインが随所に見られます。

大きな吹き抜けが二つの世帯の暮らしを繋ぐ

親世帯・子世帯を繋ぐ大きな吹き抜けは、家の中心にある中庭のような空間。生活サイクルが異なるお互いの暮らしを大切に考え、オープンにせず壁と窓を設えました。日中は窓を開けると家族の気配を感じることができます。ほどよい距離を保つ、贅沢な寛ぎの空間になっています。

二世帯住宅を考えるうえで難しいのは、二世帯お互いのプライバシーを保ちながら、ほどよい距離感で暮らすことではないでしょうか。独立した世帯として水回りはそれぞれの世帯に配置しつつも、家族の気配を感じられる共用部分を持つなど「付かず離れずいい関係」を保つ間取りの工夫が重要になってきます。納得住宅工房では、それぞれのご家庭に合った二世帯住宅を、お客様と一緒に考えていきたいと思っています。

家づくりスタイルマガジン一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ