納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

面でデザインする住まいづくり 空間を彩る壁のデザイン

UPDATE - 2016.12.19

家の使い勝手は間取りで決まると言っても過言ではありませんが、家の持つ雰囲気はどこで決まるかと言われれば、それはおそらく、家の中でも一番広い面積を持つ「壁」ではないかと思います。 日本の住宅でよく選ばれる壁は、なんといっても大きなキャンバスを思わせる真っ白い壁。白で統一された室内もシンプルで素敵ですが、真っ白のように見える壁でも、ニュアンスのあるグレーや淡いトーンでの壁にしてみると、部屋の雰囲気はぐっと変わります。深いパープルや、全体に柄の入った壁紙など、壁を見るとそこに暮らす家族の雰囲気がよく現れているように感じます。 今回は、壁にこだわりを持った家づくりの例をご紹介したいと思います。

海外のインテリア雑誌で見たような壁紙が美しい寝室

こちらの寝室は、ベッドのヘッド部分にあたる面を黒地に草花の総柄が美しい「ボタニカル柄」の壁紙で仕上げました。一見とても派手な柄のようですが、大胆な草花の総柄は着物の柄にも見られるように、実はシックに仕上がります。ベッドリネンも落ち着いたトーンで揃えると、インテリア雑誌でみた海外の寝室のような洗練された雰囲気に仕上がります。

木材の大胆な使い方で生まれたカフェテイスト

ミッドセンチュリーのデザイナーズチェアも居心地がよさそうなこちらの部屋は、フローリング材をランダムに配置した壁が、おしゃれなカフェを思わせる仕上がりです。おちついた床材との組み合わせも相性よく、休日にはこの部屋でコーヒーでも飲みながら、ゆったりと音楽を聴いて過ごしたい、そんな風に思える空間になりました。

ライトやシャンデリアの光が映えるタイルのアクセント

ダークトーンのフローリングに、深いパープルのソファ、そしてシャンデリアのあるリビングダイニング。ダウンライトも計算された配置です。そんな、一筋縄ではいかない個性派リビングの壁の一角にあしらった、でこぼこのタイルはテレビの背面になる場所。タイルはライトの反射も美しく、壁のアクセントとなっています。

木の温もりに包まれた暖かなリビング

陽の光がたっぷり降り注ぐリビングに、さらに温かさを加える木の壁面デザインです。色味や厚みの異なる木材を組み合わせ、テレビの背面に敷き詰めました。ソファに座ったゲストの視線を集め、きっと印象に残るデザインになることでしょう。

「ピンクパレス」を彷彿とさせる上品なサーモンピンク

ピンクの建物と聞くと、ハワイビーチリゾートに建つ有名なホテルが浮かびます。「ピンクパレス」と呼ばれるそのホテルは外観も内装もインテリアに至まで、見渡す限りピンクの世界なのですが、とても上品でラグジュアリーに仕上がっています。こちらの部屋も壁全体をピンクにまとめましたが、暖かみのあるサーモンピンクが生活に馴染み、キュートで優雅な雰囲気にまとまりました。

彩度を抑えたシックな部屋に静かなアクセント

彩度を抑えた広いリビング空間は、北欧デザインを思わせるシックな雰囲気。その柔らかな印象にアクセントを加えているのが、表情豊かなタイルをあしらったTVの背面の壁。間接照明によって陰影が生まれ、奥行きのあるデザインになっています。

それぞれに個性的な壁面のデザインをご紹介いたしました。明るく光を反射して気分が高揚するような部屋作りや、大胆な柄でも色のトーンで落ち着いた印象を創りだしている寝室など、壁が生み出す雰囲気の違いを少しでも感じていただけたでしょうか。シンプルな家づくりの中にも、せっかくならば自分らしさを表現していただきたい。毎日の暮らしにも訪れたゲストにも「あなたらしさ」を感じていただきたい。皆様の家づくりを、お手伝いしたいと考えています。

家づくりスタイルマガジン一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ