拘りが詰まった32坪の注文住宅

外観

直線的なラインに濃い茶色と白の2色遣い。堅い印象になりすぎないよう、木格子とこぼれる柔らかな光をプラス。大きく見えるがこれで32坪という驚きの作品だ。

リビング

外観と同じく、茶色と白でコーディネートされた室内。凹凸が足に心地良い納得オリジナルの無垢・自然塗料の床材“Freddy”を使用。

キッチン

爽やかな朝を迎えられる明るいダイニング・キッチン。南側の大きな窓から、たっぷりと光が降り注ぐ。

階段

リビングから見た階段。階段が空間の主役になるよう、AVボードは無駄を削ぎ落としたラインの美しい“CATTINO”を採用。

階段

ファミリースペースからの景色。違うことをしていてもお互いを感じられる、子供たちが独立するまでの時間を最大限に触れ合いたいM様の優しさが滲んで見える。

階段

階段は通路ではなくコミニュケーションの場にもなることが伝わる1枚。家族みんなの好きな本、趣味の道具が並んだらどんなに素敵だろう。

書斎

玄関脇に設けられた大人の秘密基地。とは言っても、実際はご主人様の事務所として使用する。気分が上れば、仕事の能率も上がるかも?!

その他

床と天井に木彫を取り入れ、1面だけご家族のお好きな色を一色入れてアクセントに! 壁紙で遊べるのも注文住宅ならではです。

2014.05.22M

Recommend

Instagram