【インナーパティオのある注文住宅】家族の暮らしに寄り添い・思い想いの時間を過ごす。

外観

【男心をくすぐるスクエアの外観】

閑静な住宅街にたつ一つ窓が目印のシャープなシルエットの外観。 存在感はあるものの、なぜか街に溶け込む。飽きのこないデザイン。 唯一の一つ窓から見えるのは吹き抜けだけ。 家族とのプライバシーも守れる設計となっている。

前室

【ホールから和室と寝室に繋がっている前室】

この空間は旦那様がずっと憧れていた空間。 石は大谷石、周りは黒玉砂利をふんだんに使用。 壁に使用している薩摩霧島壁の色合いが雰囲気とマッチして、 小道が非日常へ誘う。まるで高級旅館のような趣きだ。

和室

【小道を抜けると、お酒好きなご夫婦がしっぽりと晩酌を楽しめる和室】

旦那様が大好きなお酒を楽しむための贅沢な和室。 大事なプライベート時間を妨げられないよう、隣家との接面であるこの部屋は窓を小さく設計。 和室、前室共に薩摩中霧島壁をアクセントで入れることで、 漆喰壁独自の深みが増し落ち着いたプライベート感のある大人な空間を演出している。

トイレ

【統一感と機能性を兼ね備えたトイレ】

ここにも自然素材の薩摩霧島壁を使用。 薩摩霧島壁の特徴は、消臭・殺菌・調湿効果があり、健康機能にとても優れていること。 そのため、機能性と高級感を兼ね備えたおしゃれなトイレの完成。 要所に自然素材を使用することで雰囲気の異なる空間も融合し、家全体に統一感を生んだ。


☆使用された建材☆

>壁、tipos オーシャン

リビングダイニング

【昼夜で部屋の見え方が変わる吹き抜けリビング】

キッチンに立つ奥様の目に飛び込むのは、驚くほど見晴らし吹き抜けリビング。 日中は明るく開放的な5.4メートルの吹き抜けリビング。 夜になるとエレガンスにガラリと表情を変えるのもまた楽しみの1つだ。 実はリビングの壁にも自然素材の薩摩霧島壁を使用。


☆使用されたインテリア家具☆

>ソファー:サリーナⅡ ダークグレー
>コーヒーテーブル:スケーダ
>シェルチェア:ブラック

リビングダイニング

【くつろぎの場所としての階段】

ただの通路としてだけでなく、コミュニケーションの場として活用できるよう設計した。 その為階段の1段1段の幅も広めに設けて、リビングのソファーと階段の踊り場をと向かい合うよう工夫。 早く家に帰ってくつろぎたいと思えるリビングに仕上げた。


☆使用されたインテリア家具☆

>ダイニングテーブル MESAⅡ 1800
>チェア:シゲーロ3ブラック

中庭

【家族の笑顔が集まる中庭】

天気のいい日は寝転んで昼寝ができるほど広いウッドデッキ、紅葉をシンボルツリーに備えた中庭。 この中庭が、とても明るく気持ちいい光をキッチンとダイニングに運ぶ。 1Fのどの部屋からもアクセス可能で家族の笑顔が集まる場所。 時にはここで朝食やティータイムを楽しんだり、ふと夜風に当たってみたり、家族でBBQは鉄板だ。 芝は人口。お手入れの負担を軽減。

キッチンダイニング

【ドラマのセットのようなオリジナルキッチン】

奥様の身長にあわせてオーダーメイドで設置した上品なキッチン。 キッチンに立つと背面には大容量の食器棚兼パントリーを完備。 ダイニング上の照明はダウンライトにして上品な空間に。 生活感を出さず、キッチン周りをすっきりしたことでドラマのセットさながらの空間を実現。


☆使用されたインテリア家具☆

>キッチン:REGALOⅢ ブラック

LDK

【広々としたLDK】

外観から見える唯一の窓は吹き抜けリビング壁面上部に設置されているため、 ソファーに座わりテレビを見る時、柔らかい光が差し込む。 白い壁によく映えるアイアンの階段は、まるでインテリアのよう。 蹴り込み部分のない階段は圧迫感がなく、空間に奥行きすら感じられる。 家族が長い時間ともに過ごすリビングは、大満足の仕上がり。


☆使用された建材☆

>手摺:オムーラ

エントランス

【開放感のあるエントランス】

玄関の扉を開けると、中庭の大開口が目に飛び込む。 エントランスの大理石調のタイル面と中庭のウッドデッキの高さを合わせ、室内と中庭の関係性を象徴。 リビングへのドアは上部に壁がない天井まで伸びるバイドアCONA(コナ)。 斜め上に設置した間接照明は夕方になると存在感が増しとても良いアクセント。


☆使用された建材☆

>建具:cona グレー
>玄関ポーチタイル:camminoⅡ

2017.10.26F

Recommend

Instagram