納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

A.Nakano

静岡店 統括部長 / チーフ コンシェルジュ

中野 昭博[A.Nakano]

血液型:B型
趣 味:音楽全般、ライヴ鑑賞、映画鑑賞、星屑集め
コメント:お客様の住まい創りの夢に携れる、喜びと責務を感じて邁進して参ります! 嘘・駆け引きは一切致しません。 向き合ってお話し致しましょう!

買い時~KAIDOKI~

2016.03.13

ブログをご覧の皆様 こんばんは!こんにちは!
納得の『お祭りコンシェルジュ』中野です。

 

住宅を検討されるのに、一番皆様が不安な事。

それは『資金』です・・・

住宅は今年の9月末以降に消費税が10%になります。
消費税が上がるから買い時??
いーや、違います。
皆様も分かってますよね。

こんなデータがありました!!

一般消費者に、「これから半年内(平成27年10月~平成28年3月)は住宅の買い時だと思いますか?」と質問したところ、

・「買い時だと思う」が49.2%
・「買い時だと思わない」の10.5%
・「どちらともいえない」も40.4%

「買い時だと思う」と回答した人に買い時と思う理由を聞いたところ、

・「住宅ローン金利が低いから」が68.8%
・「今後消費税が引き上げられるから」が36.2%

特に25歳~39歳の若い層で、住宅ローンの低金利を理由に挙げる人が多かったとの事です。
インターネットの普及で、ピュアな情報を得られているのかもしれませんね。

そして、ファイナンシャルプランナーが買い時と思う理由も、「住宅ローン金利の低水準」が最多で84.8%。
「消費税率引き上げ前の駆込み効果」(24.2%)は5番目にすぎなかったんですって。

ファイナンシャルプランナーには、「平成27年度下期の住宅取得環境は?」と質問したところ。

「平成27年度上期と比べて買い時」という回答が62.3%と過半数を占め、
「買い時ではない」は7.5%、「どちらともいえない」は30.2%だった。

一般消費者より、お金のプロのほうが買い時感は強いとうかがえる結果となっております。

 

【3000万円借りた場合】金利差0.2%

金利0.75%の場合         81,235円/月
総支払額            34,118,673円

金利0.95%の場合         83,988円/月
総支払額            35,274,935円      

差異                  2,735円/月
                  1,156,262円    

<消費税>
3000万円の場合 8%=240万円
           10%=300万円
 差異                            60万円

その差、1,756,262円!!

こうやって見ると、金利って本当に大きなものですね・・・。

銀行相談、保険相談、資金に関わる事に関して、全て窓口になります!!
お任せくださいませ!

中野アドレス nakano@nattoku.jp

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ