心地いい時間を育む、木の温もりいっぱいのスローな平屋|納得コラム|静岡県の注文住宅の工務店[納得住宅工房]富士・静岡・浜松・三島・掛川・藤枝

AIコンシェルジュ

ライフ

心地いい時間を育む、木の温もりいっぱいのスローな平屋

木をふんだんに使った平屋のスローな暮らし、憧れますよね。
そんな素敵なライフスタイルを実現したWさんは、樹木の専門家。日本ではまだ少ない、アーボリストというお仕事をされています。
木と共に生きるパパが愛する家族のために建てたお家は、自然光がたっぷりと注ぐ開放的な空間に、無垢の木の温もりが広がった平屋のお家。
木漏れ日の中でお昼寝するような心地よさのハンモック。パチパチと音を奏でながら、家中に温もりを届ける薪ストーブ。素足に優しくなじむデコボコとした無垢の床。
家族の心地いい時間を育むゆたかな暮らしのエッセンスがたくさん詰まったWさんのこだわりポイントをご紹介します。

子供たちと自然にコミュニケーションが生まれる「ブックコーナー」&「スタディコーナー」

200420_02.jpg

キッチンとリビングの間につくった「ブックコーナー」。子供たちが図書館で借りた本やお気に入りの本を飾っているそう。

一番下の娘さんもこのスペースが大好き。お気に入りの絵本を選んだり、飾ったり。

本を通じたコミュニケーションが自然に生まれ、子供たちの心の成長をしなやかに育んでくれるそう。

200420_03.jpg

キッチンに立つママの視界の先には、子供たちの「スタディコーナー」が。

共働きで忙しく家事をこなす間も、手を止めることなく、子供たちが勉強する様子を感じることができてママも安心。お兄ちゃんもここで勉強するのがお気に入り。

分かりやすさと取り出しやすさが、子どもたちの自主性を自然に育む。

200420_04.jpg

同じメーカーの収納アイテムで揃えたサニタリーは、「使う」と「しまう」の動線がシンプルにまとまったスッキリ空間。「整理整頓しやすいだけでなく、子供たちも自発的に片付けができるようになりました。」とママ。

散らかり動線が生まれない、適材適所の収納計画。

200420_05.jpg

玄関ホールは、家族5人が渋滞することなく靴をはけるようにゆったりとした空間に。大容量のシューズクローゼットは、取り出しやすさとしまいやすさにこだわり、整理整頓をキープ。

寝室にもたっぷりしまえる、ウォークインクローゼットを完備。

家族が多いと、その分モノが増えてしまいますが、生活動線に合わせた収納場所をきちんと確保することで、散らかり動線が自然に生まれなくなっています。

子供部屋は3畳で十分。リビングに家族が自然に集う暮らし。

200420_06.jpg

開放感のある吹き抜け天井からぶら下がるハンモック。家中に温もりを届けてくれる薪ストーブ。3兄妹をイメージした3つの丸いペンダントライト。

ひと続きになったLDKとは対照的に子供部屋と寝室はそれぞれ3畳。

家の中のひとつひとつに、「寝る以外の時間は、家族みんなで過ごしたい。」という、Wさんの願いが込められています。

家族が集う時間を大切にしながら、子供たちの自主性を育む暮らし。スローな平屋のお家には、木の温もりとパパとママの愛情がたっぷり詰まっています。