納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

納得の二世帯住宅:二世帯住宅のスタイル:完全同居スタイル

完全同居スタイル

完全同居スタイル
リビングやキッチンなど基本的な生活空間をすべて共有し、二世帯が一緒に暮らす、日本の昔からのスタイルです。
寝室などは別にして、居間や台所などの共有スペースを設けることによって、共有の広い居間で親子2世代の家族全員が集まって賑やかに団欒を繰り広げることができ、家族全員が絶えることのない交流を保つことができます。

さらに利点として挙げられるのは、子ども夫婦が子どもたちを残して外出しても、家に両親がいれば安心できることです。
子どもは、おじいちゃんおばあちゃんと触れ合う時間が多くなりますし、若いご夫婦にとっては子ども最優先で行動が縛られることが減ります。

また建築費用についても、台所・キッチン・玄関などお金のかかる部分が1つだけよく、全員で共用するので、建築費用を抑えられるので、経済的な負担が軽くなる事も大きなメリットの1つです。

完全同居スタイルのメリット・デメリット

メリット

にぎやかで楽しい
2世代の家族が集まって、おしゃべりしたり、仲良く過ごす時間を楽しめます。
親世帯と子世帯がいつも一緒な為、家事や子育て、介護等、助けあいやすい
子世帯の親が働いていたり、初めての子育てをする場合など、親世帯の助けは本当にありがたいもの。
親世帯の病気の場合なども、様子が分かって安心です。
お風呂やキッチンを共同で使用することで、建築費用が抑えられる
家族みんなで使うものが1つで済むのは、初期費用として大きな利点です。
光熱費や水道代などのランニングコストも節約できる
基本料金が一世帯分になるので、二世帯分を別々に支払うより、お得になります。

デメリット

世帯間のプライバシーの確保が難しい
所有物の無断使用や寝室の出入りなどのトラブルが起こりやすく、明確なルールを設定することが必要になってきます。
価値観やライフスタイルのゆずりあいが必要
親世帯と子世帯との起床・就寝時間はバラバラ。
互いの生活時間に配慮しながら、行動していく必要が出てきます。
親世帯・子世帯の関係性によっては、生活しづらい環境になりやすいこと
親世帯・子世帯ともに正しい関係性が築けていなければ、日々の疲れを癒すはずのお家が余計に疲れてしまう場にもなりかねません。
ローンや各種の税が一世帯分にまとまってしまう
子世帯が転勤等で再び別居するとしてもローンの返済義務があるため、子世帯はローンの支払いを続けなくてはなりません。

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ