納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

納得の二世帯住宅:二世帯住宅のスタイル:シェアスタイル

シェアスタイル

シェアスタイル
玄関やキッチンなどの一部を各世帯で別々に設けながら、一部を二世帯で共有する住まい方です。
それぞれに居住空間は独立していますが、キッチン、リビング、玄関など住宅の一部が1つしかなく、2世帯で共用するタイプです。

最近「シェアハウス」という用語をよく聞きます。
ひとつの家に複数の人と一緒に暮らすことやそのための住宅を指す用語です。
一般住宅だけでなくアパートなどでもこうした様式が増えているようですが、この場合、住む人は家族ではなく他人同士が一緒に住むのです。

このように今は他人同士ですら一軒の家を共有して住む時代になってきています。

そんななかで、「お風呂だけは世帯ごとに設けたい」「料理の好みが違うからキッチンは分けたい」など、どこを分けてどこを共有するか。
「リビング」「ダイニング・キッチン」「浴室」のどのスペースに「各世帯のプライバシー」を求めるかによって、「融合度」が高いか低いかが変わってきます。

二世帯で話しあい、気持ちよく暮らせるプランを計画しましょう。

シェアスタイルのメリット・デメリット

メリット

ずっと一緒でも、まったく会わないでもなく、適度な距離感で暮らせる
適度なプライバシーを確保しながら、互いの温かみを感じて生活することが可能です。
親世帯は、お孫さんにいつでも会えますね。
一部を共用することで空間と予算を効率的に使える
1つの共用スペースを設けることで、
親世帯の「趣味用の部屋が欲しい」、
子世帯の「来客時に通す部屋が欲しい」という想いを
同時に、そして無駄なく解決できます。

デメリット

出入りの時に気を使う
共用スペースは事前に相手が使用しているかをチェックしたり、長く使用しすぎていないかなど
相手に気を使いながら生活することが必要になってきます。
本的な生活時間帯が異なる場合のキッチンやお風呂の利用でお互いに気を遣う
親世帯・子世帯の就寝時間や起床時間は異なるため、お料理などで生じる音はトラブルの元です。
相手の生活時間に行動が左右されてしまいます。

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ