納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

納得の二世帯住宅:二世帯住宅のスタイル:完全分離スタイル

完全分離スタイル

完全分離スタイル
建物は1棟ですが玄関をはじめ、世帯ごとの生活空間すべてを完全に二つに分かれた造りの二世帯住宅です。
それぞれの世帯の居住スペースを上下階や左右に分け、その中で完結させるプランが一般的です。

完全分離スタイル


共用スペースが一切なく、玄関から水まわりまで全ての設備が2つずつあり、同居というより、お隣さん同志で暮らすようなスタイルです。
お互いのライフサイクルやプライバシーを守ることができるので、譲り合ったり我慢したりすることが減るため、良好な関係を続けやすいスタイルです。

完全分離スタイルのメリット・デメリット

メリット

生活スタイルや時間帯が完全に異なる場合でも、「そばにいる」安心感を保てる
各世帯のプライバシーを確保しながら、困ったときは助けてもらう。
トラブルのリスクを最小限にとどめながら、支え合うことができる暮らし方です。
親世帯・子世帯それぞれにあわせたプランで建築することができる
親世帯・子世帯ともに価値観やライフスタイルは異なります。
だからこそ、互いにとっての最適なプランを取り入れられるかが重要なポイントになってきます。
世帯ごとのプライバシーが保てる
生活空間が完全に分割されているため、完全同居スタイルシェアスタイルに比べて、各世帯の良好な関係を維持しやすいスタイルです。
子世帯の転勤など、二世帯同居を解消する場合に、片方を賃貸物件とするといった、将来の汎用性が高い
賃貸物件とする場合、他のスタイルであればリフォームをする必要がありますが、「完全分離スタイル」なら余計なコストをかけずにそのまま利用することが可能です。

デメリット

他の二世帯住宅のスタイルに比べて、広い土地が必要
それぞれの生活空間を確保するために、どうしてもある程度の土地が必要になります。
そのため、お家づくりのコストが膨らみやすい傾向にあります。
積極的な交流を持とうとしなければ、完全に別世帯として孤立することも考えられる
生活空間が完全に分割されているため、普段の生活では全く関わらないこともありえます。
その場合、二世帯住宅の恩恵が少なくなってしまいます。
2棟分とまではいかないものの、それにちかい建築費用がかかる
土地の敷地面積と同様に、各世帯の生活空間確保のために住宅の床面積も大きくなります。
また、住宅設備の数も2倍になるのでコストが高くなってしまいます。
水道・光熱費もそれぞれに費用がかかる
共用スペースであれば、エアコンやお風呂などの設備を両世帯で共有することで、費用を分割できますが、「完全分離スタイル」では不可能です。

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ