納得住宅工房―納得の家創りが、ここにある―

0120-7109-58

otaki

静岡店 現場監督

大瀧 欽也[otaki]

血液型:B型
趣 味:フットサル、スポーツ観戦、読書、木を見ること、小物集め
コメント:納得で家を建てたオーナーその後スタッフになりました。「オーナー様の気持ちが分かる男」 納得に興味を持った方とたくさん話がしたいですねぇ。 コンシェルジュのような監督を目指します。(^^) 韓国(語)の曲を聴くのが好きです。木が好きです。自宅が一番好きです。

タッ木ーの今日これ(一生懸命考えていたら。。。)

2015.10.18

ご覧の皆さん こんにちわ(こんばんは。)

タッ木ーこと大瀧欽也です。

 

大変ご無沙汰しております。

時の経つのは早いもので。。。(T_T)/~~~

特に何かがあったわけでは有りません。

ただ、家づくりを一生懸命考えていたら、時間が思った以上に経過していただけのことです(^_-)-☆

今週も頑張りましょう!

 

さて、国内がラグビーで盛り上がっていた矢先

マンションが傾くという とてもショッキングなニュースが飛び込んできました。

杭の長さが短かった とか。

現場に携わる者として考えさせられることが多い このニュースです。

まさか そんなことが起きるのか?と思った方も多い事でしょう。

もちろん私もそう思いました。

普通では考えられません。でも、実際に起きてしまった。

悲しいことです。

 

マンションなどの大型建設工事では、現場に何百人もの作業員が入ります。

建物が大きくなると、下請け業者が増えていきます。

1次下請けから2次、3次、4次

それぞれに責任者がおりますが、最終的にはその人たちの

モラル、モチベーションにかかわる部分が大きいと思います。

監理者が検査しますが、100%検査できるわけではありません。

抜き打ち検査のような部分が多いです。

ですから、実際に施工する「人」にかかってきます。

 

今回の杭打ち工事の場合、打ち込む前に杭の長さを測ります。

その杭の長さは、地盤の固い「支持層」と呼ばれる層まで距離によって決められて

現場に運ばれてきます。数十メートルある場合は、現場で溶接などして、継ぎ足していきます。

その時点では、ごまかし出来ませんが、

その前段階の支持層のデータが違っていたら、杭の長さを短くすることが出来ます。

今回のケースはそのデータが転用、改ざん?されたようですが。

ほとんどの作業員はしっかりやっているはずですので悲しいです。

 

建物規模は違いますが、納得住宅工房の現場に携わってくれている

作業員の方は一生懸命やってくれます。

「手抜き」という発想はありません。

業者さんたちが一所懸命に「イイもの」を追求してくれるので

私も業者さんに負けじと頑張っています。

モチベーションを高く持ってくれています。

イイものを作る場合、

腕はもちろんですが、業者さんのモチベーション、気持ちがとても大切です。

良い環境造りをしていきたいと思います。

CIMG0593

 

今日は引き渡しがあります。

私が業者さんたちが思いを込めて仕上げた自慢の建物を、

代表して自信を持ってお引渡しさせていただきます。

 

 

 

Close

お問い合わせ

納得住宅工房にご興味持って頂きありがとうございます。気になること、知りたいことなどございましたら、お気軽にご相談ください。

ご記入頂いたメールアドレスへ、ご連絡させていただきます。

今すぐお問い合わせ!

サイトマップSite Map

Site Map

納得の家づくり

商品ラインナップ

新着&見学会情報

家づくりコラム

お客様の声

会社情報

資料請求

来店予約

ショールーム

交通アクセス

よくあるご質問

サイトマップ