CLOSE

納得リフォームスタジオスタッフブログ

リフォームでも制振対応が出来るんです

皆さんこんにちわ。

ここ最近、台風や、竜巻、地震が多く起きています。

新築住宅では、これらの災害から大切な家を守るため、耐震・免振・制振等多くの対策を取り入れた仕様になっています。

リフォームやリノベーションで御相談を頂き、お客様とお話しさせて頂くとき、お客様の多くからお聞きするが、地震等が起きた時はだ大丈夫か?という事をお聞きします。

例えば、築30年の住宅の場合、基本的には大元の耐震基準としては、新耐震基準の建物として建てられています。しかし、それに年々細かく付け加えられてきた、細かな基準は取り入れられていない事が多くあります。その中には、先ほどお伝えしたように、免振や制振の装置や部材、または、細かな部分では補強金物の種類や、数などもそうです。

耐震は普通の当然であり、その後に免振、更に現在では制振が取り入れられてきていて、地震等に災害に対する考え方は、当時からするとどんどん進化しています。

では、築年数が数十年経過している住宅には、もうこのような対策は出来ないだろうとお考えになる方も多いと思います。しかし、新耐震基準の建物であれば、制振装置を設置し、耐震+制振の組み合わせで、現在の基準の強度を持つことが可能になっています。

それが、今回御紹介する制振装置です。お家の図面をもとに、解析してどこに部材を何箇所取り付ければよいかを割り出します。そして、それを設置することで、実質上の強度を数値で割り出します。そして、その解析結果(図面・数値データ・その他資料)と、工事に掛かる御見積をお客様に御提示・ご説明をさせていただきます。

この制振部材は、すでに住んでいる住宅でも工事できるように小型化されていて、コストも新築で採用されている工事よりも低コストで実現できます。

築年数がかなり経過しているから、または、リフォームでは今更設置出来ないと思われているお客様。大丈夫です。そのような住宅でも制振装置は設置できるんです。

今からでも十分間に合います。我が家も、プラスαの安心を取り入れてこれからもずっと愛着のあるマイホームで安心して暮らしていきましょう。

この週末、是非納得リフォームスタジオに御相談ください。

杉本 豪士T.Sugimoto

リフォーム部部長

小さな事から大きな事まで常に気持ちを込めてぶつかります。お客様の夢をカタチにする為に熱くなります。...

CLOSE