CLOSE

リフォーム・リノベーション施工事例

納得リフォームスタジオでリフォーム・リノベーションの施工事例をご紹介します。
現在の住宅に対する不満や課題を解消され、新しい生活をスタートされた方々のリフォームをご覧ください。

祖父が愛した「船の家」を孫家族がリノベして住み継ぐ

「富士川の船の家」といえば、地元でも広く知られるランドマーク的な存在。海軍出身のお爺さまが40年前に建てたこの家を孫のWさん夫妻がリノベーションして、両親と暮らすことに。生まれ変わった2階は、『納得住宅工房』らしい上質で洗練された空間。ご主人が最もこだわったのが職人手づくりのダイニングカウンターで、親子でお菓子を作ったり、子どもの友達を招いてホームパーティをしたりと楽しんでいる。「『納得』さんが一緒に考え、悩み、最良の形を提案してくれました」と奥さま。お爺さまが愛した「船の家」はこれからも永遠に住み継がれていく。

リフォームのポイント

明るく開放的なLDKはアイランドキッチンを主役にプランニング。狭くなるのでダイニングテーブルは置かず、カウンターで食卓を囲むスタイルに。窓の外には緑豊かな山の景色が広がり、料理タイムもより楽しくなりそう。壁は調湿効果にすぐれた漆喰を標準で使用

キッチンパネルの色に合わせて収納扉をチョイス。凸凹感が気持ちいいスクラッチ加工の無垢の床は『納得』オリジナルの「ジョージ」

主寝室の床は同じ無垢材を使い、アンティーク風の色に変えて。窓を開けると、船の舳先(テラス)へとつながる

キッチンを起点に広がる開放的な空間。家族がどこにいても見渡せるからコミュニケーションもスムーズで、自然と会話が生まれる

ドアもインテリアの一部と考える『納得住宅工房』。イタリア製のリビングドア「レーベル」は、鏡面のようなきらめきと蝶番のない美しいフォルムが特徴で、三ツ星レストランやホテルでも採用されているほど。研磨と塗装を繰り返して生まれる輝きと重厚感が空間をラグジュアリーに引き立てる。カラーラインナップは10種類から選べて、W邸はネイビーを選択

トイレの壁と天井は、抜群の消臭効果がある薩摩中霧島壁を採用。リフォームでも『納得』の新築と同じハイグレードの標準仕様で施工できる

1階に親世帯、2階に子世帯が住むスタイルを代々継承してきたW家。やがて夫妻が1階に、長女家族が2階に住む日がやってくるだろう。外壁も『納得住宅工房』で近々塗り替える予定

子ども部屋の腰壁は既存のものをそのまま活かし、床は無垢に変え、クロスは長女に選ばせて張り替えた。ドアも船室のイメージに合わせてチョイス

お施主様VOICE

リノベーションしたきっかけは?

「祖父が建てた大事な家を受け継いでほしい」と妻の父から言われたのがきっかけ。新築という選択肢は考えませんでした。

納得リフォームスタジオに決めた理由

私の職場にアルバイトで来ていた芹澤君が『納得』さんに入社したと聞いて。信頼できる彼がいる会社なら間違いないと思ったからです。

納得リフォームスタジオでリノベーションしてよかったこと

アパートよりも快適に暮らせるのはもちろんですが、祖父、父の想いを受け継ぐことができたことが一番嬉しいですね。

リフォーム前の様子

昔ながらの田の字型の間取りで、リビングとダイニングキッチンが仕切られていた。全体的に薄暗く、冬はかなり寒かったそう

以前のキッチンは壁付けタイプで、奥さまの母も祖母も家族に背を向けて、孤独を感じながら黙々と料理をしていたそう

リノベーションデータ

改修面積 71.03㎡[21.44坪]
築年数 約40年
施工期間 3.5か月
家全体の敷地面積 71.03㎡(21.44坪)
家全体の延床面積 72.68㎡(21.94坪)
CLOSE